<< 出てから もう10日経つってのに! かくれんぼぅ >>

2つの美術館 ギリですよ

折角いただいたチケット、以前から興味はあった会と云う事で、ぎりぎりで
白日会展に行って来ました。
b0199782_22245892.jpg

白日会→ホキ美術館 なイメージで、緻密!リアル!!空気感!!!な作風ばかりだと思っていたのですが、結構色々な描き方がなされていて、ある意味"とっても敷居が高いと思ってたら、そうでもないや"的というか、親しみ易いというか、和む絵も多かったです。
(註:ホキ美術館にある絵って観る側も緊張するイメージがありまして、これも実際に行ったら違うかもしれない。行きたいです、その内には)

乾のイメージを覆した作品。
b0199782_2233584.jpg

踊るおっっちゃん図(違)
いきなり緻密!のイメージから外れます。いや、雑とかそういうのではなくて、この思い切った抜き!(手抜き、ではありません。云っときますが)現代絵画風でモダンというのでしょうか?
兎に角 油彩ならではの色使いも流石。入場してまずコレに吃驚しました。
そして私の白日会に対するお硬いイメージをぶち壊した1点。

じゃぁ私の今迄の白日会へのイメージって?と訊かれたら、コレです↓
b0199782_22391736.jpg

写真みたいだ〜精密だ〜透明感があるぅぅ って事で、私はこういう絵ばっかりだと思ってたフシがあります。風景画についても。

前回も入賞されてる、Yちゃんのお知り合いで静岡にいらっしゃるN氏の作品。
b0199782_22495099.jpg

氏は以前お会いした際に『白日会に入選(入賞ですよ)したけど、自分はあの中ではちょっと毛色が変わってるかも』などという事を仰ってましたが、今回の展示を観ると、別段そうでもないような気になります。
むしろ観ていて和む日本の風景の並ぶ数は、他の公募展より多い気がしなくもありません。

日本の風景に対してイタリアのフィレンツェの町並み。
b0199782_2301549.jpg

凄過ぎます。屋根見ただけで描く気が失せる。描けないぞこんなの!!!
b0199782_2322381.jpg

上の絵の一部分。。。ココだけだって立派に町並みしてるってのッ

お気に入りの白い女の子
b0199782_236637.jpg

白の素材が全部違って、それを忠実に描き分けています。素晴らしい!!!
黒い衣装の女性は昔から多く描かれていますが、白って以外と一番難しいのかも、と気付きました。
このタイツ、欲しい!(いや、ウチの姫サマ用に。です)

白日会って油彩ばかりかと思っておりましたが、水彩画や版画、彫刻作品もありました。
b0199782_2313527.jpg

ただ彫刻に関しては二科の方が前衛的と云いますか、断然面白い。こっちの彫刻は少し大人しい印象を受けました。展示数も少なかったし、歴史はまだ浅いのかもしれません。

b0199782_23192412.jpg

美術館正面玄関から見える桜。かろうじて6本

この後 サントリー美術館に直行!
、、、するつもりだったのですが、お腹が空いてる事に気がつきました。
またぁぁ、頻尿って病気がありますが、乾のは頻食?いっつも飢えてるねorz
ミッドタウンへの道を外れてファミマであんドーナツ買うて、お花見しながらお八つです。
珍しく外のカフェが開いておりました。外国人のバカップルがベンチを占領して公序良俗を犯していたので警備員に注意されてたりして、なかなかの春景色です。外人ってトコが六本木だよなぁ

サントリー美術館は『歌舞伎 江戸の芝居小屋』って事で、歌舞伎座竣工に合わせての展示です。
歌舞伎の始まりとされる出雲の阿国から始まって、明治天皇と皇后陛下が外務大臣邸で歌舞伎を観覧された図(実際には初日は天皇 次の日は皇后と別々だったとか!)や、明治以降の歌舞伎座の変遷等が詳細に語られておりました。珍しくイヤホンガイドを借り出したのですが、その理由は私が歌舞伎に詳しくないのと、ガイド担当が 本物の歌舞伎でもイヤホンガイド解説をされている 塚田圭一氏であると云う事です。ガイドの中に舞台音楽が挿入されていたりして、本当の歌舞伎に行ってもこんな感じなのかしらン?と思わせてくれる解説ぶりでした。

展示の浮世絵は、歌川国芳の弟子達や、歌川国貞等、有名所満載で「おお!
月岡芳年だぁ!」とか、お気に入りの作家の作品が出て来ると密かにわきゃわきゃと喜んだり(こういうのも、ご贔屓筋とよべるのだろうか?) 作家の方になじみはなくても、歌舞伎をちょっと齧った感じの女性客などが後ろで友人に蘊蓄してたりして、皆それぞれに楽しんでいる様子の展示でした。





このところ花粉との闘いに疲れ気味で、休日の度にぐったりと寝てましたが、久々の遠出。と言っても、地下鉄で1回乗り換えるだけで帰れるのですが、
その車内で四谷あたりから寝こけてしまい、降りたらマスクがなくなっていました。。。あんな物、いつ落ちたんだろ!?眼鏡しっぱなしだったのに。。。 車内通路にマスクが落ちてたら、、、ちょっと考えたくありません。
名乗り出るのも嫌ですし、、、


早よ5月になって欲しいところです。

おまけ 
という訳ではありません。
折角素晴らしい作品ですし、自分では話題なので、やっぱり追加。
ウルビーノの町並み。
b0199782_12325249.jpg

ヨーロッパの町並みは中世の面影をそのまま残しているのが有り難いです。
ウルビーノのヴィーナスもラファエロも、この町に生まれたのかぁ。。。
[PR]
by inui-nuinuido | 2013-03-29 00:01 | Comments(2)
Commented by よしべえ at 2013-03-29 18:56 x
乾センセも、白日会展ふうな粘土猫を作ってください。って、それどんなんですかね。チョーリアルな猫?ねずみが逃げるくらい?その前にネズミってアメリカのミッキー意外、現代日本で見ることはまずありませんね。
Commented by inui-nuinuido at 2013-04-04 11:36
>よしベえサマ 
私には日本のネズミ作品と云うと「ねずみ草紙」とか「鳥獣戯画」とか、巻絵風のなかの可愛いイメージが。現代だと、ネズミよりもハムスターとかそんなノの方が馴染み易いのでしょうかね?(ネズミと云ったらドブ〜とか、なんか良くない) 猫リアル系と云われて思いついたのが、実物大+αリアル招き猫。。。場所食いそうだから、屋根に飾れる様に作りたいです(笑)
<< 出てから もう10日経つってのに! かくれんぼぅ >>