<< いっきに みたぞ暁斎! >>

ミュシャ、予想外にデカかった!

昨日、開催2日目のミュシャ展に行って来ました。
b0199782_14243577.jpg
草間彌生展もそうですが、予想通り混み混みでした。
開場時間ちょっきりに到着したら、こんな感じで入場待ちです。
b0199782_14250624.jpg
入り口付近に設置された垂れ幕(?) 実物大と書いてあります。
b0199782_14254494.jpg
しかし実際はトリミングされているので、もっと大きいです。
本物 展示室の天井ギリギリの大きさですよ!
お陰で中で混雑して作品が観られない等と云う事は、まったくなし!
どれだけ離れても適度に観られます。むしろ最接近するのは「筆使いどうなってんの?」とか、細かい作業が見たい人だけかもしれない。
近景、ほぼ実物大の大群衆が描かれています。圧巻!

部屋の中央から作品を観ると、遠景・近景の群衆、観覧の人々、自分、となって まるで一つのセットの中に紛れ込んでいる様な雰囲気です。


撮影OKな展示室がありました。こんなです(って、撮影してるトコ変でしょが )
b0199782_14253099.jpg
OKと云われても、作品が大き過ぎるのと人が多いので、満足なモノが撮れるとも思えないのですが、、、
結局図録は買うので、私は適当に好きなトコだけ撮ってます。
b0199782_14262492.jpg
この少年のモデルはミュシャの息子さんだそうです。

開放された農奴犬。ボルゾイか?
b0199782_14265132.jpg

開場1時間半後の入り口。これでは中の盛況振りはうかがえません。
b0199782_14273250.jpg
あの大集団はどこ行ったのかと云うと、、、
b0199782_14271373.jpg
お土産買う為に並んでいました!なんか、、、皆 凄く買ってました。

図録は作品が詳細に解説されていてお得感 大。気になるのは絵が見開きにぶつかっちゃう事でしょうか(それは仕方ないですが) これが嫌なら小さいけどポストカードにすると云う手もアリ。
b0199782_15000461.jpg

会場外。やはり桜はまだまだでした。
b0199782_14274703.jpg
代わりに草間ワールド大爆発。
b0199782_14280677.jpg

今回(も)お昼を適当に済ませて次の会場へ。
太田記念美術館、雪月花 後編です。
b0199782_14282891.jpg
広重の肉筆掛け軸3点他、展示替え作品多数。替えた点数を考えると、頑張れば地下階も使って全部一度に展示出来そうな気がしなくもなかったのですがその辺は"会場側の都合"という事で、仕方ありません。


ここで足掛け10年(?)やっと年間パスポート手に入れました。
次回から観放題だぁい!!!となります。
う〜〜〜ん、やったぜ v









[PR]
by inui-nuinuido | 2017-03-10 15:28 | 美術館・博物館 等 | Comments(2)
Commented by 檸檬児 at 2017-03-11 00:25 x
「遠景・近景の群衆、観覧の人々、自分」この観覧の人々とその中の自分がいるという作品世界の広がりという発想が新鮮でした。この展覧会の巨大な場に立ち会われたからこその想いだと思います。これは行くのが楽しみになりました!
Commented by inui-nuinuido at 2017-03-11 20:54
> 檸檬児サマ

この後連日、図録を家でしげしげと眺めておりますが、やはり会場の臨場感が最高でした。多分、会場でも誰も居なかったら、こんな感じはしないと思います。沢山のギャラリーが居た方が面白い絵というのは、珍しいのではないでしょうか(皆さん、静かに観て下さる。というのも陶酔に浸る大事な条件ではありますが)とにもかくにも、お薦めの展示です。
<< いっきに みたぞ暁斎! >>