2017年 07月 13日 ( 1 )

深海からのお土産

今日も今日とての猛暑の中、かはく"深海展"へ行ってきました。
b0199782_20265094.jpg
なんだかもう慣例になってますが、展示会場内は写真撮影OKです。私の興味は専ら生物標本なのですが、その中でも特に凄ぇぞコレ!!!というモノの中から一部をUP。
b0199782_20273359.jpg
後ろに見えてるのがダイオウイカ。4年前に観た勇姿そのままですが、今回の主役は手前のオンデンザメ(だったよね?)あまりの姿に隣に居た女の子が『作り物でしょ?これ』と言ってましたが、なんのなんの、フケと云うのか皮膚の剥がれたのがチラ、チラと水に混じっています。本物標本でしょ?これぁ。

"しんかい6500"の実物もありましたが、これは模型。大き過ぎて撮影ポジションとれなぁい!!!
b0199782_20281355.jpg
で、中味です。定員2人でしたっけ?
b0199782_20282975.jpg
以前NHKで緒形拳氏が乗り組んでましたけど、撮影スタッフ入れたらぎゅう詰めなんてもんじゃぁないな。。。考えただけで酸欠になりそうです。

上にぽつんと浮いているのが "ちきゅう"
b0199782_20285485.jpg
最近の地震速報で『震源地は海底10キロ……』なんて発表される所為で『これは"ちきゅう"が人工地震を起こしてるんだ』説があるとかないとか。(NHKの「幻解!超常ファイル」で『嬉しいですが、それ程の性能は持っていません』と否定していましたが)そんな説が出る程、凄い"ちきゅう"ってどんな船?と思っていたら。。。
実際凄いじゃぁないですか!

東日本震災ですべった地盤のサンプルを採る為のパイプの一部。本物です!
b0199782_20291197.jpg
『汚れちゃうから触らないでね』との注意書きアリ。。。汚れなんか気にしない質の人は触りたくなりそう←自分がそうだしなッ

採取品の模型。海底も苦悶でのたうち回った様に見えてしまいます。
b0199782_20292726.jpg
ってか、なんか科学的なものは特にウロ覚えなのでこれ以上書くとヤバい。。。

南極で採れたダイオウホウズキイカの腕の先っちょ。
b0199782_20301742.jpg
先っちょだけでもデカいと判りますが、下の写真は通常のスルメイカとクチの部分を比べてあります。念押してデカいアピールッ
b0199782_20303477.jpg
会場内には4Kコーナーがあり、そこで今度放映される『ディープオーシャン』をちらっと流していました。南極の深海部で悠々と泳ぐこのイカの優雅な姿が映ってました。ダイオウイカに比べて色白でスマート。なんだか可愛らしかったです。本番でも流れるといいなぁ

かはく内でお昼を食べてから、西洋美術館のアルチンボルド展へ。
b0199782_20263089.jpg
前回のシャセリオーと同じ場所に巨大垂れ幕が掛かっています。
b0199782_20310297.jpg
これには『撮影可』の看板はなかったかも。でもでも 隣の壁は曰く『アルチンボルドと写真を撮ろう!』コーナーがあって、長蛇の列でした。それに"ねんどる"なる女の子が作った粘土製のモドキなオブジェも撮影可だったので、大丈夫だよね?と勝手に判断。
b0199782_20311930.jpg
展示内容は予告通り四季と四大元素。これさえ観ればもう満足出来る程の力作。素描も面白い発想のものばかり。それに比べて彼に影響された人達の模倣を含めた作品はちょっと、、、とほほな感じと言いたい

b0199782_20321786.jpg
それらが堂々と載ってるのが正直耐えられなかったので、正式図録は買わずメインのが載ってる出版社製のを買ってしまいました。ハッキリ言って、絵ってのは好きなの観ればそれで良いんだ。だから良いんだ。

と四の五の言って、深海の図録買ってないやン(呆)
いやこれは「アルチンボルドは絶対買うだろ。だったら今日は重いから、後から買える"かはく"は今日はスルー」などと読んでた為。完全に読みは外れ。ですorz

代わりじゃないですが、深海はドロップス買いました。写真では見え辛いですが、タイトルは「なめてみるまで何味かわからない 真っ黒ドロップス!」味は色々ありますが、見た目は全部同じ飴。
なかなか美味しいですね。もう1缶、会社への土産に買ってあります。外れ味がないのが逆に残念


追記)

真っ黒ドロップ、会社で大好評です。が!皆一様に『何味だか判らない。。。甘い?爽やか?』と悩んでいました。コーラ味だけは判るらしいですが。。。

匂いは勿論ですが、人の味覚は舌だけでなく、色覚(例えば赤ならイチゴ味と云った刷り込み)も影響してるのだなと実感。














[PR]
by inui-nuinuido | 2017-07-13 22:08 | 美術館・博物館 等 | Comments(3)