<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日はギャラリーでパーティーです。

本日迄にご来場の皆様、有り難うございます。


遅くなりましたが、展示会場
b0199782_22104346.jpg

夜はこんな感じで、電気煌々。

会場内の様子をざっくりと
b0199782_22115911.jpg

b0199782_22124438.jpg

b0199782_22133244.jpg

b0199782_2214884.jpg

b0199782_22144033.jpg


秋田から出展した方の作品は火曜の午後三時頃到着しました。開始早々に来て下さった方は観損ねてしまって残念。リベンジに明日5時半以降にいらして下さると、酒も一緒に付いて参ります。

そう、明日はオープニングパーティーの日です。

なんだかですねぇ、出展者自体が秋田や長野にお住まいで、それこそ搬入も来られない方もいて、まだメンツの顔合わせさえ済んでおりません。ある意味凄い展示です。
出展者のお知り合いで来られてるお客様は一体どのくらいおるのやら、、、
初日は長野から出展の方のご友人達(職場の仲間らしき方々)が、東京見物がてら遊びに来て下さいました。
秋田からの方は、、、いらっしゃるのかしら? 来られるとしたらやっぱり明日でしょうな、来たら良いなぁ、、、(宅配を出した月曜日はどか雪だったそうで、、、携帯って雪が降ると電波状態が悪くなるって初めて知りました!)

別に直接の知り合いとかでなくても『作品を観た事があってファンです』と云う方が来て下さったら、ソレこそ多いに喜ばしい事なのですが、私自身も今日が2回目の当番。
あまりお客サマを見ておりません。
自分の知人友人は続々来て下さいますが、他の出展者自体が、あまりお当番に来られない為なのか、そっちの方はあまりお会いしておりません。土曜に集中するのかな?

で、明日の話に戻って オープニング パーティー。
始まってから5日目だと云うのにオープニング!?というのは、於いといて、
どなたかお時間に余裕のある方、是非遊びにいらしてくださいませ。
酒とオードブルと出展者とのおしゃべりが楽しめる特典付きです。
          ↑
多分、東京近辺の出展者は来られると思います。あと、他の展示の為にいらしていたイラストレーターさんも数名、参加して下さるとの事でした。
なんかこんな書き方だと、本職の人ばっかりの集まりっぽいなぁ、、、
て、私を見ればそうでもない事は判るけど。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-30 22:43 | 聊斎志異・中国 | Comments(0)

好きな割には

なんとなくサクッと描けた、様な気がしないでもない
水滸伝 其の四"林冲(りんちゅう)”
b0199782_16175410.jpg

有名、というか、私の一番好きな『林教頭 風雪に山神廟へ』の回です。
豹子頭の林冲、って渾名の程ですから、小顔の美男子でないとイカン!と勢い込んだものの、いかんせん美男子ってのは描き難いもので、なかなか全面的好男子とはいきません。
自分で描いてて「うが!なんぢゃこれぁ!?」という箇所があるのですが、、
云わない事にします。云うと直したくなる。そしてソレは中々直せないトコなのです! コレ出来たら、きっと他の全ての作品も困惑しないですむのですが(そうは問屋が卸さない)

しかし肉眼で見るとおかしくなかったりするのですね。
「いや、もしかすると、パソに取り込んだ時のゆがみかも、、、」などと、生原稿の方をこっそり確認。そういや、生原の方がちょっと丸顔な気がしなくもないです。

兎も角、何でも一発で上がらない質なので、コレの前に描いた奴らも加筆しました。
九紋竜 史進
b0199782_16393030.jpg

行者 武松
b0199782_16404789.jpg

一丈青 扈三娘
b0199782_16413470.jpg


時間があったら、調子に乗ってまだまだ描けそうですが、搬入は来週の月曜。会期は火曜からですので、いい加減 額装する事も考えないといけません。
しかし、今回の展示タイトル『新 時代絵巻』でしたが、コレの何処が絵巻?と、自分でもはてなマーク付いてます。前回の『時代絵巻』の時は、古事記をテーマとし、作品B2サイズは連環画風にしてなんとなく巻物イメージだったのですが(註:他の人は特にそんな描き方はしてません)、
今回の展示はなんだか普通の絵っぽくて、自分としては絵にもう一工夫欲しかったところです。

まぁソレもコレも、私がもっと早くから着手しとけば余裕だったって話です。
いや、テーマ決めるのに、2月の中頃迄掛かってたからイケないのです。
(最初 趙雲子龍が描きたい!などと云ってた癖に、結局こうなってしまった)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-23 17:00 | 聊斎志異・中国 | Comments(0)

先週の話ですが

金曜日は友人Yちゃんの展示に行って来ました。
Bartok Gallery の “絵本塾7期終了展”だそうです。
(註:一部 3/13〜18 二部 3/19〜24)
b0199782_2033290.jpg

写真を撮った彼女の作品は絵として飾ってあるだけですが、中には絵本の雛形として、自分でハードカバーに製本してあるのもありました。
本当は彼女も製本技術があります。しかし仕事が忙しいのにかまけて(?)やって来なかった様です。本人曰く『もう忘れちゃった』と。う〜〜〜〜ん、勿体ないぃ!! (同人作家の血が騒ぐ儂)
 
行ったのは午後1時過ぎでしたが、お互いにお昼がまだでしたので、
お向かいの銀座ラフィナートのカフェレストランでお八つを摂りました。
b0199782_20334976.jpg

苺とヨーグルトアイスクリームのなんたら。アップにしたら顔の様な造詣

b0199782_20343379.jpg

こちらは 苺のミルフィーユ。 ジェンガみたいです。

彼女が「これ食べるのに倒しちゃうのは勿体ないよ。グーフィーだったら立てたままであーんって」私の口はアレ程には開きませんわい (´◇`)
(今度食す時はトランプの様に、ぐるる〜ッととぐろを巻いた様に倒そうと心に決めた)

食器も可愛くて凝っています。むしろ私はこっちに惹かれます。
b0199782_20351774.jpg

デザートスプーンがハート型
フォークの真ん中に穴が! 学校給食の先割れスプーン憶い出しました(違?)
ここって考えたら結婚式場もあるんですよね、都内のホテルだし。
そんな事で、あちこちにペイネの作品が描けてあります。結構エロチック。

そんなムーディーな会場なのに、何故か親爺ぃ軍団が大挙して到来し、げらげらわははがたがたと、うるさい事この上ありませんでした。土間声がまとまりなく響くのって、オバチャン達のお喋りとはまた違った騒がしさです。移動の度に後ろに座ってる私の背にどかどか当たるし。ここはワタミじゃねぇと絶叫したくなりました(しかも何も注文していない!早く食べて静かになれ!!)

ってな事で金曜は、展示観られた楽しさと、久々にケーキ食べた満足感と、
ナイスでないシルバー軍団の鬱陶しさで、闇鍋みたいな1日を過ごしました。
帰って絵を続ける気力はゼロ。。。
お陰で、“扈三娘”仕上げる予定だったのがズレ込んだ次第です。
   ↑
   嘘です。
その前日の晩に「顔が気に入らなぁい!!!」と、全部描き直しました。
そんな事しなきゃとっくに上がってたのよ。とほほほ。でもよくある事。

そして今夜もう一枚描くところです。下図を(纏まる、かなぁ?)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-21 20:52 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

顔が、顔が、、、!!

髪の所為なのですが、何と云うか、、、云えません、自分では。
水滸伝 其の三 の"扈三娘 (こさんじょう)"
b0199782_1757845.jpg

"日月二振りの剣"ってどんな?
本当は二対なんだから“双方がよく似てる”と捉えた方が正しいのでしょうが、あれこれやっているうちに何故か、こうなりました。
後でもっと違う形になると思います。。。いい加減だなぁ。

何度も思いますが、パソに入れると肉眼では感じなかった直し部分が見つかります。 つまりまだちょっと修正が必要。しかし取り敢えず出来たッつー事にしませう。

これを描いてつくづく感じたのは『細かい部分と凸凹の多い構図はアクリルの方が向いてる』って事でしょうか。回り込みとかちょっとした距離感がパステルだと出し難い。失敗したなとつくづく反省。
しかし私の場合、アクリルは最初に背景ありきなので、背景色がちゃんと決まらないと次へ進めません。今回は展示迄の時間制約があったので、パパッと描ける(ご、、、語弊が!!)パステルで行っちゃう事にして、結果こんなです。まったくもぉ

それは兎も角、「パパッと描ける」を重要視した以上、なんとしてもあと1枚は描きたいですよ。



来週は搬入だよ!

結局和物は描かず終わるのか、とほほ
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-19 18:12 | 聊斎志異・中国 | Comments(0)

あちゃぁ

で、水滸伝 其の弐 な"武松(ぶしょう)"
b0199782_12245785.jpg

『景陽岡に 武松 虎を打つ』です。
(けいようこうに ぶしょう とらをうつ)
あまりに有名過ぎてマンネリ!とも思いましたが、武松と云えばやっぱりコレだよ!!と云う事で描いてしまった。

う?? 脳内構図と、なんか、ちょと違う。レイアウトと云うか、空間感が。
本では季節は10月(旧暦です。つまり気候は11月頃)夜の山中。って事は、真っ暗じゃん!
本当は月明かりくらい入れたいけれど、画面の大きさ上 無理でした。
サイズB4ってのが間違ってるよ! 今度デカイので"描き直し"ます。
本気ですよ。
                    ↑
   これを二科埼玉に出しちまえ!なんて考えている現状況。酷いなぁ。

それにしても、この前に描いた『九紋竜 史進』の構図とあまりにも違います。並べて観たくない程に。。。仕方がないので(!?)もう1枚、人物の大きさが構図に見合ものを。本当は早いトコ"一丈青 扈三娘"描きたいけれど、そんな我儘も云ってられない状況。
、、、て? 自分で好きで描いてるのに、我が儘通せないって変だわ!

兎に角、展示迄あと幾らも描ける時間がありません。ちまちまと埋めて行く次第です。

そういえば、前回「今週中」って書いたけど、私の中で一週間は月曜から日曜迄。なのに、カレンダーは日曜始まりでした。
うぐぐ!週がズレ込んでしまったではないか! ええいッキリスト教の1週間だって、7日目がお休み。つまり7日目は日曜日なのでは?と、文句云いの
乾縫。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-11 12:53 | 聊斎志異・中国 | Comments(0)

来て、しまった!

ギャラリーからDMが届きました。
b0199782_12381676.jpg

この前、あわあわと送ったデータはなんとかちゃんと送れた様です。ホント自信ありませんよ、データ入稿(JPEGで圧縮なしでかけたらサーバに負荷が掛かり過ぎだと警告が出て焦った焦った)
b0199782_22255677.jpg

よく見たら参加者、『韓流本』の担当、私を含めて二人しかおらんよ?
確か、本の刊行記念で「この担当さん達でやろう」という話だったと思うのですが、月読さん以外はパスしちゃったのかしら?月読ご夫婦は以前お会いした事がありますが(可愛いカップルだ!)他の方と初顔合わせ出来ると思っていたので、残念ですねぇ。

そして肝心の絵と云えば、まだ最初の1枚しか描いてないという体たらく!
明日2枚目に取りかかります。ちゃんと今週中には仕上げます(大汗)
そして困った事に3枚目は大きなサイズで描きたくなってきてしまいました。
B2で!
おや、そしたらアクリル併用でなくて、専らアクリルになってしまいそう。
顔等のイメージはほぼ同じですが、細部の密度がかなり変わってしまいます。大丈夫かな?大丈夫、じゃぁないよな、やっぱ。。。
絵の方向性を変えずに自分の頭の中にある通りに描き出すってのが、大変。
ってそれが楽しい訳ですが、、、密度統一する時間あるかな?

ぐだぐだしてられなくなって来ました。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-07 22:44 | 聊斎志異・中国 | Comments(2)

描いてりゃ良かった

3月に開催予定のギャラリー展示作品その壱。

b0199782_11131839.jpg

水滸伝の "九紋竜 史進(くもんりゅう ししん)"です。
DM用に使うので、早めに仕上げました(自分では猛ダッシュ)
竜の彫り物が胸・肩・背中に全部で九つって事ですが、多分その殆どは
背中側から見えるであろう→背面描かなきゃらしくない。
という次第でこうなりました。

うぬ。もうちょっと“踏ん張ってる”感が欲しいな。。。
腰から下は描き直しだ! うぐぐ

男の次は女の子も描きたい!訳で、後は扈三娘と孫二娘。
(宋江に刺殺される閻婆惜って図は、、、グロテスクで没 )


でも今日は"防人"が描きたい。。。
データ入稿が上手く行ってれば今日は違う作業(次の制作)が出来る筈なのですが、失敗してたらまたパソと格闘です。
(いっそ銀座へ直接生原持ってくって覚悟アリ)デザイナー様スミマセヌ。
                        ↑
           最初から上手く行かないと踏んでる。弱気!

銀座と云えば、『韓流の本』書店に出ていました。
この前行った際にはなかった専門棚にどっさり。同じB5判で、同様にドラマ写真の転用表紙ってのが他にも2冊も!客観的にみたらどれ買おうか選択に困ります。そうなると、これは中の華やかさが勝負でしょうか。
(この時はなんだか手に取れませんでしたが、やはり自分の眼で比べて勉強が必要)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-01 11:52 | 聊斎志異・中国 | Comments(6)