<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はしご復活

JR王子駅前、飛鳥山の桜。右の端は火事で消失した老舗の飲み屋さん。
b0199782_1926543.jpg


金曜日の事なのですが、銀座バートックギャラリー迄『紙芝居塾 6期終了展』を観に行きました。
ここのギャラリーでは先月行った『創作絵本塾 展』と、二種類を主催しておりますが、流石に紙芝居の方が入れ込んでいる感があります。

一目見て感じたのは、絵本塾より展示形態が均一だと言う事。
皆同じ大きさの原画(紙芝居をする箱に入れる基準の大きさに揃ってる)2〜4点程額に入れて、その下に各々の“紙芝居箱”を置いて、そこにプリントした作品を入れて展示してました。
この箱を使って、リクエストがあったら読み聞かせするって形式ですね。

なんだか、初めて講習を受けたって人も少ないそうで、殆どの人が連続講習者だからだと思います、作るコツを判ってるって感じ。出展者のまるひサマが「先生、題だけ出して丸投げした」って言ってたけど、、、ソレにしては随分と手が込んだ作品が多いです。この辺が"慣れ"?

大きさも演出の仕方もそれぞれだった絵本とはこの辺が違ってました。
どっちが良いとか合うかってのは、また別の問題ですが、面白い違いです。

結局話し込んでしまい、肝心の"読み聞かせ"をして頂く時間はなくなってしまいしたが、いいやぁ(私が入る前に、1人、読み聞かせてもらってました。それを野次馬的傍聴)私としては子供の頃から本を一人で好き勝手に読むのが好きなので、人前で"語り部”するのは勿論ですが、他人のペースで物語を進行されるのも苦手なタイプ。人が読んでいるのを聴くのもなんだか気恥ずかしい感じがしてしまいました。


ギャラリー退場後は上野の科学博物館へ行く、、、途中でアキバへ寄り道。
某クス、と言わないのか、今はホビー天国へ行ってしまいました。何だっていつもいつも翌日が新作発表日って時に行っちゃうんだろう私。。。スタッフさん達、展示替えでおおわらわです。そこへディープな顧客がしがみつく様に話し込んでいる。そんな光景ばかり目にしてしまいます。流石アキバと言うべきか。。。

アキバからは上野迄ほんの20分程。いつもの如く歩きで、ついでに上野の山の桜見物しながら"かはく"迄。転勤以来とんと行ってませんが、金曜は上野の博物館・美術館は夜8時迄開館しています。
実はこの金曜17時以降が狙い目です。人気展示でもゆったりと観られます。時間帯の所為か、子供達やおばさま達の集団はおりませんが、年齢問わずカップルは結構いますね、"かはく" で見る限りでは。煩くなければ全然OK、というか、むしろデートに"かはく"推奨派です私(自分はいないくせに!とか、言っちゃ駄目さ)

展示内容は「スペイン人がこぞって黄金を奪取して行った」為か、いつも土器や人骨です。以前観た『シカン文明展』『インカ マヤ アンデス展』は多少の黄金器もありましたが、これは土中深くの副葬品が殆どだった為と記憶しています。まぁ南米文明の目玉は黄金よりも特異性を持つ文様や、人骨そのもの。今回は特にミイラですよ!そのまんま目玉付きのミイラ!!

目ん玉って不思議〜♪と歌ってしまいそうです。ホント凄い存在感!

眼球の一番外側、強膜の部分が残った所為かと思いますが、眼孔の中に割れたウズラの卵を詰めて乾燥させたらこんな感じ?みたいな目玉になってました。
角膜のあった部分が左右共、同じ方向を向いて穴になっています。黒目がないのにどっちを見ているのか判る。
コレ、、、大理石彫刻の瞳の作りとそっくり!と想像して下さい。

このミイラ包みがまた面白い刺繍がしてあります。↓
b0199782_16321349.jpg

昔見た漫画に載っていた、小さな女の子が小石に描いてた顔を憶い出しました。素朴ですが、故人に似せようとか考えなかったのは、エジプトの様な死者復活の信仰はなかったからでしょうか? 墓地も集団墓地ですし、中身のミイラも全員剃髪されて、皮膚はなめされてた。身体は麻布でぐるぐる巻きにされて、中で手足は折り畳まれ手指は顔を覆う様にして、途中で緩まない様に1本1本紐で固定。。。て、死んでから埋葬まで相当時間かかってますねぇ。そのあいだ何か儀式があったか、とかその辺ももっと知りたいなぁ。。。

大人ばかりの観覧者の中で、小学生の男の子が1人、熱心に見学していました。連れの御婦人が「はぐれたら、出口で待っててね」と言ってましたが、あの見学振りでは先に待っているのは坊やの方ではなさそうです。博物学に興味あるのかな? 出口でも図録は子供向けではなく「DNAが云々」なんて書いてある、難しい方を購入してました。大人でも買うのに躊躇してたよソレっ(私はミイラの資料欲しさに買った v )

第一展示場の最後にお決まりの3Dシアターが付いています。マチュピチュの上をコンドルになって飛ぶ構成です。標高2千メートル越える段々畑の上を"ゆっくり"飛ぶのは結構気持悪くなります。
ふわぁと飛んだと思うと旋回、ちょっと止まったりすると「自分は床に足を踏ん張っている」のですが、つい前のめりに。視覚で慣性の法則迄騙されるんだ。ってそれって感覚が単純?

夜の海を泳ぐシロナガスクジラ
b0199782_16395316.jpg

実はこれを撮ったすぐ後にけたたましい聞き慣れたサイレン、旋回する赤い光が飛び込んできました。
またまた来たよ消防車〜♪
b0199782_16433667.jpg

花見の席で火事か急性アルコール中毒か。西洋美術館のある、駅公園口からは救急車が静々と入って来てました。緊急を要する車両でも遊歩道の中は徐行なのでしょうか(時代劇の荒馬が町中を走るシーンの様に、道行く人が慌てて飛び退く。なんてノを妄想しましたが、レスキュー業の人がそんな事する訳もありません)


某、、、もといホビ天でナニしてたかと云うと、、、悩んでました。
そして買った。
b0199782_1651864.jpg
b0199782_1771577.jpg
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-04-16 17:10 | 美術館・博物館 等 | Comments(2)

博物館でお花見だ!

b0199782_2046690.jpg

春の庭園開放、今週末までですよ!
って事もあり、東京国立博物館の"ボストン美術館展"に行って来ました。

もう春休みは終わったとタカをくくっていたら大間違いで、押すな押すなの大盛況振り。YちゃんとJR上野 公園改札で待ち合わせだったのですが、そこからして既にごった返してました。幸いすぐにも会えましたが、いざとなったら携帯で呼び出しする羽目になってました(渋谷ではよくそうなるし)公園内も朝だと云うのにもうブルーシートでばっちり場所取り合戦が始まっています。場所を確保する人達も大変ですが、根元に座られる桜の樹も可愛そう。。。地面が硬くなりすぎて根にはよくありません。これで樹の寿命も縮んだりせんのかな?と、宴会をしない私は桜の方が心配です。

ボストン博物館、なんて凄いお宝を抱えているんだ!!!!
展示はいつもの如く平成館2階の全室で、出品数は70点!しかし見応えはその数を遥かにしのぐ情報量とでも言ったら良いのか、兎に角 時間と労力がかかりました。
今回の目玉とも言える(うんホントに目玉が凄いんだ)曾我蕭白は最後の部屋。一ブロック丸々使い切りです。ポスターにも出ている『雲龍図』は勿論の事、微笑ましい『虎渓三笑図屏風』薄気味悪くも滑稽な『朝比奈首曵図屏風』(なんでこんな屏風が!?)等、一般常識を覆す様な作品が10点。このコレクションをしたビゲロー氏がどれだけ驚き感動したかが想像出来ます。
それにしても、これだけ特異な画風の作家なのに、今迄あまり一般には紹介されて来ていません。「知る人だけ知ってれば良い」的な感がある曾我蕭白。
その出自とかも紹介してあったら良かったのに。。。
残念ながら、それは展示の中ではありませんでした。「これで画家として誰かクライアントついたのかな?」と、凄く気になるところ。どこかのお寺とか旧家にまだ隠された名作があるのか!?謎多き作家です。
10時半過ぎに入って、観終わったのは3時過ぎ。その後、本館を廻ってお土産コーナー(ここではクレジットカードOKなので便利なのです)春の庭園開放で初めて入った庭園を散策と、いつもの如くの『腹が減って倒れるまで遊びまくる』コースを突っ走りました。Yちゃんを道連れに。

これは本館前にあるヨシノシダレ。ボンボンの様な花の束が可愛らしくも美味しそう。
b0199782_2102498.jpg

転合庵側から見た本館裏です。庭全体の真ん中に池があったなんて、今回初めて知りました。
b0199782_213778.jpg

薄い色はオオシマザクラ。その右はエドヒガンザクラ。左手にチラと見えるのは、、、
名前が判らん!↓ でも綺麗だ。。。
b0199782_2172063.jpg


このお庭、元は寛永寺の境内に含まれていて、寛永寺本坊のあった所が本館なのだそうです。そういえば、上野のお山全体が寛永寺のものだった筈では? 今は色々な場所から移築された茶室等が点在しています。そして何故かお大名家の墓石も数基残っているそうで、これは謎だそうです。
ッて事は、人骨もあるのかしら?と"かはく"の方にクロスオーバー。

園内にはやたらとカラスがおりました。巣でもあるのでしょうか。それに隠れる様に可愛い野鳥もいました。私はウグイス!と思ったのですが、Yちゃんはメジロでは?と。どっちだか二人にはとんと区別がつきません。
上野ならどっちもありそう。

九条館はもとは赤坂九条邸にあった当主の居室だそうです。
b0199782_21543323.jpg

中の様子が素敵です。こんなお家に住みたかった v
b0199782_21570100.jpg

奥の絵、狩野派だって本当ですかッ
b0199782_21572882.jpg


今回のお気に入りエドヒガンシダレ。
しかし何せ小さい花びらで、アップにしても着き様がよく判らない。
b0199782_2203183.jpg

この庭園内では一番色の濃い? ショウフクジザクラ
b0199782_2215664.jpg

b0199782_225759.jpg

これも花びらが小さめですが、芯がひと際濃いので、一つ一つがよく判ります。

こんな事していたので、お昼をすっかり過ぎてしまいました。というよりきっぱり4時です。このまま帰ったら途中で行き倒れるので、去年の今頃にも行ったイタリアンレストランへ。
彼女は覚えておりませんでしたが「去年 震災の丁度1ヶ月後に行って、レストラン内で余震があった」という話を掘り出したら「ああ!レンブラントの展示で行った!」と憶い出したYちゃん。
彼女は展示物で憶い出しましたが、いつ行って何食べたかは覚えていても、
ナニ観たのかは覚えていない私って。。。orz

その入ったレストラン Le quattro stagioni ランチメニューの様子です。
前菜サラダ。ソースはイチゴ使用(写真では判り難いですが色がドピンク)
b0199782_2220566.jpg

"今週のパスタB" エビとタケノコとキヌサヤのペペロンチーノ。
b0199782_22215923.jpg

ご存知マルガリータ
b0199782_22234514.jpg

写真で見せるとパスタが少ないと思われそうですが、皿が不思議なデザインで麦わら帽子を逆さにした様な感じに出来ています。だから思ったよりは深目。Yちゃんは一口弱コレを"味見"、私はピザ2切れ(って1/3じゃん!)をご相伴。それじゃぁまるっきりエビ鯛??
次に行く時は必ず"お弁当"買って来まぁす!!!(大汗)

今回は幸いにも地震は来ませんでしたが、またもや延々と話をしてた所為で、ここでもう5時です。
あぁ、バートックへはもうイケない。。。紙芝居の読み聴かせ、実はYちゃんは楽しみにしていました。しかし、彼女は超多忙。今週中に行けるかどうかはまだ不明。
面白そうですけどね、読み聴かせ(註:私は紙芝居より読書派)

ここでもう疲れ切って帰り。。。ですが、駅構内のおもちゃなお土産屋さんに突撃(いい加減にせいよ
丁度SDに合うと思われる大きさの帽子を見っけてしまったのです。色数・デザインも豊富でしたが、スタンダードに黒を購入。
ちょっとカスタムしてこんなです。
b0199782_22465149.jpg

b0199782_22491049.jpg

藍 似合ってるけど、、、似合ってるけどホントは楊に誂えたんだよ。。。

これを買う際もあれこれとやりました。こんな事迄おつきあいさせてしまい、Yちゃん本当に済みませぬ。
彼女、素材というか、バランスを見るためモデルとなる手頃な"子供人形"を探しているそうですが、これで唆せば幼SDオーナーになる可能性もあり?

着々とSD感染者を増やそうとしている、、、訳ではないでぇす!!




追)帰宅したら丁度 晩ご飯でした。青梗菜と豚肉の炒め物とうな丼。
食後すぐと言っても過言ではないのにちゃんと食べました。
「アレは昼食、これは晩飯」ってアプロなら言う。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-04-10 23:08 | 美術館・博物館 等 | Comments(2)

天才劇画師・植木金矢の展示(付:パーティーの様子)

先週の土曜日、大風&大雨の中、弥生美術館に行って来ました。
かてより観たかった植木金矢師の展示です。

量・質共に半端ではない展示でした。小さな美術館で、1階と2階の展示ですが、観終わる迄に2時間半かかりましたもの(竹久夢二はこの際割愛しました。腹が減って死ぬ〜ってトコ迄来てた)
写真の上は少年漫画雑誌、下は青年誌の連載の一部。
b0199782_1631195.jpg

b0199782_164697.jpg

表情の柔らかさやコマの配置等、読者年齢によって描き分けがはっきりしていますが、どちらも細緻である事には変わりありません。少年時代に夢中になった方が大人になって「再販して欲しい」と云うのも納得します。
(現在は時代劇専門漫画雑誌に描いていらっしゃるとか説明があった気が、、
うぬ!やはり『コミック乱』は探して購入しよう)

"明日は展示最終日"と云うとこまで来てしまった、ギリギリの拝観ですが、行って良かった。
着物の立ち居振る舞いのデッサン等もあり、とても勉強になる展示でした。
(やはり着物は普段から練習が必要と痛感。着物常用したSDが欲しい。。。
っておい)

この感動を引きずったまま帰宅したかったのですが、なにぶんにもこの日はギャラリーのパーティー。
前回の記事でも書きましたが、なんで5日目でオープニング?土曜とは云え、仕事を抱えていらっしゃる方も大勢いて、お客様誘ってもなかなか出て来られない方ばかりでした。今時は土曜だからと言って、皆が皆、休みな訳ではないって事をつくづく感じます。まぁ私は勤めの最初から土日祝は仕事でしょ!というジャンルで勤務しているので、あまり世知辛い変化は感じませんが。。。そして空いていればいるで、こんな気候で体調崩してダウンした出展者もいらして、パーティーは単なる知り合い同士の飲み会と化していました(あぁ、いつもそんなモンか)

そんな中で頑張って下さったのが副署長K氏。
なんの副署長かって消防署ですよ!!
去年11月の『なごみ日和展』の会期中に発生した近所のぼや騒ぎには消防服姿で颯爽と登場。今回は会期中"礼服(というのでしょうか、紺の制服)"で登場。いやどちらも格好い事この上なしです。福眼福眼v
b0199782_16364498.jpg

手品を披露中の図。隣で奮闘しているのは『イケテルオトコ展』に出展する
中西犬人氏。どうやっても、誰も、副署長の様に出来ません。この縄結びだけでずっと盛り上がってしまいましたよ。

b0199782_1641539.jpg

展示初日に留守番中"読書がてら"に作ったイカとサメ。
本に熱中しながらも、手持ちぶたさだった右手が勝手に作ってた。。。
なんか今回の私の展示品で一番好評だった気がしなくも、、、う〜〜〜〜〜 orz


そんな事だらだら書きつつ、昨日(月曜)無事に搬出も終わりました。
もりたサマ ヤシロさま、そしてジェインさん、お片づけお疲れさまでした。
そしてご来場して下さった皆様、本当に有り難うございます。


次は二科の展示だよーん。。。まだなんにも描いてないやぁ
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-04-03 17:07 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)