<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちょこっと飛び出してるよ!

取り敢えずの完成です。。。ホントに完成?
b0199782_18365379.jpg

蛾がお慰み程度に入ってます。
あんまりリアルに描くと今度は色付きなだけに×××
でも もう少し足した方が良いかな?なんて、後で考えるかもしれません(予感がアリアリ)

脚を出した方が良いという意見もアリアリ。
それやったら芸をし過ぎ?

ちょこっと悩み中。。。でもきっとそこ迄はしません。


面倒くさいからではないですよ。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-06-29 18:42 | 揉紙 | Comments(0)

まだまだですが

一体絵はどうなったのかと云うとですね。。。

これに
b0199782_21121327.jpg

これを
b0199782_2113515.jpg

被せました。

どうなったかは、また後で!(おいおい)


それにしても、女性の絵がはっきり言って失敗です!

今からやり直しって、、、くぅぅぅ(≧皿≦)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-06-26 21:17 | 揉紙 | Comments(0)

これは確かに『見せたくなる』!

昨日は梅雨の晴れ間で本当、良かったです。ブリヂストン美術館へ行ってきました。
最初の予定では本日・土曜にYちゃんと行く筈でしたが、木曜日の晩 プリントインクが切れてしまい「これでは制作が進まん!!!!」と、我が儘云って金曜に替えて頂いたのでした。ついでに買い出し!いっつも"ついで"が入る乾の外出。
Yちゃん毎度毎度スミマセン。

ブリヂストン美術館は開館60周年だそうで、その名も
『あなたに見せたい絵があります』ですから!
そら見たいわッて事で、最終日が24日。ぎりぎりに行けて本当に良かった。

収蔵品の中から厳選100点、凄い量です。その中に雪舟があったなんて、初めて知りました。洋画系ばかりだと思っていたのですよ、ブリヂストンは。
今回の展示にはなかったけれど円山応挙や酒井抱一もあるらしい。なんで展示ないんだよう!!!
日本の洋画家は坂本繁二郎、青木繁、藤島武二、、、これって創設者の石橋正二郎氏の故郷の、福岡県久留米市出身の画家中心に収集って。。。凄いラインナップなんですけどどどど!?
画家の輩出率が相当高いのでしょうか、久留米。私の知ってる地元の有名画家って河鍋暁斎くらい←大好きだから地元で嬉しいのですが行った事がないという体たらくだし、、、orz

なんと石橋氏、国立近代美術館の創設にも関わったそうです(後でDVD観て知った)
今回の"厳選"に漏れた名作もまだまだ沢山ある様ですし、またこんな展示して頂きたい。一館で足りないなら、近辺の美術館で同時開催とか(国立新とサントリー、森アーツのアートツアーみたいに。アレ良いですよね)

夭折の青木繁と云えば『海の幸』
b0199782_20555546.jpg

これ、何年か前にもこの美術館に観に来て、その際に「この白塗りの人は自画像だ」と聞いた気がしたのですが、、、違ったよ! 彼の恋人の福田たねさんの顔だった!
Yちゃんが正しいです。ご免ねYちゃん、ホラ吹いて(で、知らぬは一生の恥)

『女の顔』福田たねさんです。上の絵とは似ていない気がするのぅ?
b0199782_2103570.jpg



その後、昼食後に銀座バートックギャラリーへ正直師匠の展示を観に。
ご本人は土曜日にいらっしゃるとDMにありましたが、それは当方都合で変更。お会い出来ず残念でした。
それにしても殆どの展示物に値段がついてた。。。今の流行でしょうか?



お土産に図録代わりのDVD。
b0199782_20224773.jpg

軽くて嵩張らないし、手頃だ!!!と思ったのですが、ウチのポータブルDVD再生機、ボロになりつつあるので静止画像の再生が上手く送れないという悲劇が起こりました。
多分TVに繋いでるデッキなら問題ないのでしょうが、、、自室で制作しながら見るってのが好きなので、それが出来ないのはちと痛いな(パソコンでの再生は不対応とか説明書きが。マジか!?)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-06-16 21:47 | 美術館・博物館 等 | Comments(4)

結局直しました

全部で7カ所も修正しました。。。
b0199782_21324540.jpg

これじゃ普通(って云う?)の洋画と変わらない速度です。多分
イラストレーションの部類にしては遅過ぎや!!

b0199782_21341957.jpg

楊もお着替え。。。ナニを目指してるのか判んないケド。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-06-14 21:36 | 揉紙 | Comments(2)

取り敢えずココ迄は

、、、これカテゴリを揉紙にしてしまったけど、本当にそこで良いかは
今後の作品次第です。て またもや実験すか?う〜あ〜ぐったり

b0199782_16331515.jpg

ちょっと人物入れる位置を
間違った。が、もう直せん!!!
うひょぉぉ〜〜〜(大汗)

男の子の臍って、こんな? 腹の脂肪のつき方が断然違うので、自分のじゃ参考になりません。"空想の腹"です。

実に制作1ヶ月近く。久々に時間かかってしまいました。
仕事してる日は帰宅後に描けないんですよね。時間がなくって(10時就寝4時起床って以外と自由に出来る時間はないんだ。しかし独居生活だったらもっと大変だよね。母に感謝です)

現在座敷に次のパネルを下塗りして放置中。次は女性描きます。ヌードです。マジで。
いや、ソレ以前にミイラ袋描きたいよ〜。揉み紙で。
                    ↑
    それにはやはり"クリアジェッソ"が必要だ! まぁた買い出しですよぅ
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-06-08 16:49 | 揉紙 | Comments(0)

抜き足差し足猫猫猫

う〜〜〜ん、、、約束したのにさっさと行きました。ゴメン。制作に行き詰まった訳、なだけではありません。買い出しを兼ねてます。猫百景展。
b0199782_2163970.jpg

説明不要で猫猫猫です。おかしくて可愛い猫大集合でした 。
6/30から後期展示になりますので、来月また行く腹積り。
(って事で、Yサマ 後半は是非ご一緒致したいです)

浮世絵専門というと、爺と婆しか来ないとの偏見もありそうですが、若人もいっぱいいます。 グループは老若関係なく結構盛り上がって煩いのが欠点。
しかし楽しそうだから良いか。
私の前に入館した豈さん(ガテン系若人)、一人で手慣れた感じでサクサクと手続きしていました。通だな!(そして猫大好きなんだきっと v v v )

それにしても、何故かこの太田記念美術館で観覧しているとお腹が空きます。
空くだけでなく、お腹が鳴ります。本当です。毎回です。
今日も密かに腹の虫が鳴いてましたが、なんと隣に立ってたカップルの女の子、私より豪快な音を出してました。、、、彼氏、笑ってたぞ(笑)

今回は地下階も展示がありましたので、結構時間がかかります。
11時前に入館して、出て来たのは1時半くらい。手ぬぐい屋には寄らずにこれだけかかってしまいました。

この後、新宿 世界堂へ行く予定ですが寄り道しなかったのはその為ではなく、
勿論(!?)"窓"へ行く為です。はっはっはぁ〜ぁ

そして案の定、要らないっちゃぁ要らない様な物を買ってしまいました。
b0199782_2113020.jpg

以前行った際にも伊達政宗が被っていたウィグ、今回は亜美ちゃんがコスプレで艶姿を披露!
あまりの可愛さにつられて買った。。。

「小顔タイプって表示ですが、ウチの子達19番なんです。大丈夫かな?」
「ピタッとウィグつければ大丈夫ですよ v」

実際は充分被れます。逆にピタッとつけてても後ろ頭が浮いてます。
決して小さくて浮いてる訳ではないです。ホントだよ。

しかし、楊に被せたら、、、檸檬児サマではないですが、S性開花!?
彼女、元々Mではありませんが、これじゃぁ高ビーなお嬢様です。
藍が退いてます。。。
b0199782_21174468.jpg

じゃぁ藍はどうかと云うと、、、
b0199782_2119168.jpg

中世おフランス風。この間のスチームパンクには似合うかも(笑)

ここ迄にしとけばこの日記、ご機嫌な一日ですが、そうは問屋が卸さない。
一日はあざなえる縄の如し、です。勝手に諺

新宿世界堂で面白い、というか、困ったというのか、、、
クリアジェッソを欲しくて探していたのですが見つからず、目の前でせっせと品出ししていた店員さん(多分メーカーの人)に質問したら

「ジェッソって云うのは石灰質の粒子が入っているから、クリアな素材なんてありませんよ!」
と、言い切られてしまいました。

そうなの??

ユザワヤで確か、そんな名前のデカボトルを見た気がするんですけどどど?
絵描きさんで画材屋さんのあさのサマも、描き方教えて下さった時に、クリアジェッソの存在をちらっと云ってた気がしたんですよねぇぇ、、、


とは、言い返せなかった。
何処のメーカーだか訊かれて答えられなかったからです。黄色い蓋だったよ。。。

寝る直前に憶い出しました。これの事よ、クリアジェッソ。
b0199782_2131556.jpg

リキテックス社か、もう忘れません。次はちゃんと探します。




b0199782_2132385.jpg

この人には似合うな。。。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-06-06 21:38 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)