<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

又もや股掛け

って事で、昨日はミッドタウンのサントリー美術館と国立新美術館へ行って来ました。 ま、すぐお隣同士と云って良い程近いのですが、、、

新美術館は今話題(残念ながら良くない意味も含)の日展。しかしこの展示は
半端でない量なので、
先ずはサントリー美術館の『天上の舞 飛天の美』です。
b0199782_1314974.jpg

(図録表紙はチケットとほぼ同柄なので、後ろ向きで撮影してます)
これはかねてより行きたかったwwww!!!!!
というヤツなので、とうとう行けて本当に良かったです v

ちっちゃい飛天や迦陵頻伽はアクセサリーにして身につけたい様な可愛らしさと精巧さ。
勿論 宗教美術品なので、仏様に装飾されてるものなのですが、欲しい!です。
(この後、お土産コーナーで菩薩様のシルエットのピンズが売っていて、思わず 「坊主丸儲け!」と叫びそう。だって鳳凰堂美術館製造って書いてある!)

圧巻は3階展示室のレリーフ飛天達で、実際に仏様の周囲に設置されている高さに展示したのでしょう。 見上げると雲に乗って楽を奏でる飛天達。。。
凄い!素晴らしい!可愛い!これが観たかったんですようよぅ

下から綺麗に観える様に、上部は丸彫り、下部は壁に設置出来る様に半立体に作ってある。という事で、これは洋の東西は問わず全ての宗教建築に見られる形式だと思うのですが(皆 崇拝の目で見上げるから)こんなに近くで、しかも手頃サイズ(?)で観られる機会は滅多にないので興奮してしまったですヨ。

平等院鳳凰堂は現在 修復中だそうで、再建されたら仏師が 当時の技術で再現した“新しい飛天”が安置される様です。
当時のきらびやかな彩色も素敵ですが、今残っている“古色蒼然”たる飛天も奥ゆかしくて(近所のお寺等、古い感じが見慣れてる所為もあって)目に優しいと云うか、馴染みます。
修復後、全部を観たら極彩色に溢れかえっていて「はわわ〜〜〜ッ」と度肝を抜く出来栄え、、、かもしれません。
それはそれで楽しみ(阿修羅像が真っ赤になった時の衝撃を思い出しますね)

と云う事で、大変お勉強になるので図録は買いました。
ホントはサントリーのHPで『美術館グッズ等のプレゼント』に応募したのですが、 多分当たらないでしょうし、帰ってすぐに見たい!!!という事で買ってしまいました。
ふっふふ 堪え性がない私 orz

美術館内は平安の美に溢れていますが、ミッドタウンはクリスマス真っ直中。
天の川ならぬ雪の川が溢れてます。
b0199782_1385673.jpg

目線で見るとこんなモノが連なっているのです。キラキラ吹雪。
b0199782_1392117.jpg

入り口にはサンタツリーもありました。
b0199782_13195045.jpg

サンタだけのツリー、、、猫だけのおひな様。。。変な妄想が止まりません。
(※またもや2月に猫展示のお誘いが! 出すもんがないぞぉ)

お昼代わりにスタバでジンジャーなんちゃらカフェを注文。
b0199782_13212214.jpg

グランデってヤツを初めて注文しました。。。
デカすぎる。ホールケーキ丸ごと一個食べた位胸焼けしそうです。
今年の始めにドトールで(新宿世界堂の近くのカフェだからドトールですよね?)飲んだ黒胡椒入りホットショコラが旨かったので、ジンジャーもチョい辛でイケるかと思ったのですが、やはりスタバは甘系でしょうか。 ショートでも良かった、かな?

面倒臭いからと云って、それでお昼としてしまい時間がないので日展へ直行。
一番目当ての日本画から観ました。

青子先生、、、いつもよりなんだか地味ですよ〜。
それ程大きな作品でなく、角っチョに展示されてました。

胡粉を大量に盛って、それを削って下色を出す。みたいな描き方が流行ってるのかしら?
重ね塗りで奥深さを表現する日本画ですが、“新人さん”達の作品 胡粉大量消費の上に、使い方に共通点がある気がします。前々から感じてはいましたが、今年は特に顕著に感じました。
は!? それって“先生のご指導”によってそういう絵を描く人が増えた!?
なんて事を考えてしまう。。。派閥って嫌ですねぇ

その後 洋画 工芸と廻りましたが、流石の大容量で途中でグランデが胸に支えて来てしまい、彫刻は断念。
「ま、二科の方が彫刻は断然好きなので、飛ばしアリでしょ」と言い訳。
実際、二科程に彫刻、自由奔放で楽しい展示は他にないと思ってますので、
これは飛ばしても惜しくありません。ここの展示作品はちょっと堅い感じで、苦手なのです。 書は、、、全然判らないので、元よりパスです。

そんな風に端折っても、観終わった時はもうとっぷり日が暮れておりました。
日本画の図録 買おうか余程悩んだのですが、、、高い(金3,200円也)上に重い! それに図録の写真がポスカより小さい訳で、細部が観たい私としては「こんなにちっこいンじゃぁ 視力0,6の乱視には無理!」と諦めました。

印刷に出すかどうかは作者の意向次第らしいのですが、私が「好きッ」という作品は日本画洋画共に作られてませんでした。残念。
両方の図録買う余裕はない(欲しくない作品の量を考えると、無駄が多過ぎるッ
ておいおい)ので、こうなったら共倒れだぁ! とばかりに断念。
               ↑
             明らかな誤用

折角 雲中供養菩薩様とお結縁出来たのに、今年もこんな有様でしたよ。
急な観覧が入らなければ、今年の展示はこれで終わりです。あとはヒタスラ粘土を削る日々。。。
ちゃんと納期に間に合うのか!?と、心配の種はツキナイ。。。

 
[PR]
by inui-nuinuido | 2013-12-06 13:42 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)