<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オルセー美術館展

8/1に行って来ました。
二科の搬入があった7/24から『高校生無料!』サービス中なので、少しでも空いてると思われる、登校日に行こうという事にしたのですが、、、今時登校日なんてないのかしらン? 会社で高校生を持つお母さん達に聞いても「え〜?? いつだっけ(あったけ?)」という返事でした。甚だ心もとないぞ
b0199782_15491924.jpg

写真ではなんだか曇ってる感じですが、この日はご多分に漏れずPカン。
こういう時、会場が駅から少しでも近いと有り難いです。

出品作品リストが、今回変わっていて面白い。カラー小冊子になっています。
b0199782_1601536.jpg

この相関図、作家の似顔絵が面白い! 誰が描いたのか凄〜く気になる所ですが、残念ながら作者名は載ってません。こういう仕事するならやはり名乗りはあげたいよなぁ、、、などと、関係ない?所に気が行く乾。

マネが落っこちた超有名な『草上の昼食』は残念ながら来てませんが、同時に出して入選を果たし絶賛された、カバネルの『ヴィーナスの誕生』。初めて生で観た気がします。これって、裸体=ヴィーナスって括りで『ウルビーノのヴィーナス展』に出しても良いくらいだと思うのですが、そっちはマネの『オランピア』が出てましたね。やはりマネの方が女性描写が生々しもとい生き生きしてたって事でしょうか。

いつも先駆的な作品を描き続けていましたが「マネ自身は印象派には属していなかった」という記述には吃驚しました。他者に影響を与え続けていた人は、自分はそれに染まらなかった!
これって凄い意思の強さの現れですか。だって集団になった方が何かと有利。古くさい考え方のサロンにも対抗しやすい筈だったのに。
いや、、、変わり者かもしれない。TV番組で取り上げられる逸話とか観ると。
でも嫌な変わり方ではなく、普通に(日本で云う所の)"画鬼"と呼ばれる類の人だな、と感じました。

好きな絵しか描かない!自分だけの絵を生涯描く!!という姿勢、
葛飾北斎・歌川国芳・河鍋暁斎等の名前を思い出します。全部浮世絵師かい

蠟燭の絵が凄いと思っていたラトゥールの、テーブルの切り方が変だとか、
相変わらず巨匠に突っ込みを入れて作品を堪能しました 酷ぇ
入場10時半過ぎで、出て来たのは1時過ぎてた。。。結構な見応えです。

お昼だぁ と ミッドタウンへ向かう途中だったのですが、四国料理のお店へ入っちゃいました。
b0199782_16365920.jpg

ガラス越しに厨房が見え、板前さんが忙しそうにしています。
テーブル席からは手元が見えませんが、カウンター席なら覗けそうです。

ぶっかけとろろうどんを注文。
b0199782_16414819.jpg

卵が殆ど生状態で、うどんすすった後にとろろ卵汁を飲み尽くしました。

例によってYちゃんの皿
b0199782_16443895.jpg

ゴージャス! アナゴ蒸篭蒸しごはんです。ほかほかな湯気が写真に映り込んでないのが甚だ残念。

b0199782_16535462.jpg

暖簾をくぐるとすぐ左に設えた一角。鉢の金魚、大きい方は作り物でした。
本物は小ちゃいのが敏捷に動いています。最初大きいのにしか目が行かなかったので「随分大人しいね〜」と、Yちゃんと手を突っ込んでしまった。触る迄 気がつきませんでした(大汗冷や汗)


b0199782_1761178.jpg

地元見沼代用水沿いの百日紅。桜に勝るとも劣らない美しさ。
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-08-04 17:08 | 美術館・博物館 等 | Comments(3)