<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「チューリッヒ」と普通云うじゃん?

国立新美術館は今、オルセーの他にもチューリヒ美術館展 開催中。他にも公募展が2つも入っていて、賑やかしい事限りないです。颱風も行ってしまったので、爽やかな天気でした。
b0199782_20475741.jpg

美術館の裏側入り口。オルセーに負けじとポスターばりばりです。

Yちゃんとの待ち合わせは正面玄関なので、このまま一度館を突っ切ります。
正面の門から入館する迄の広場(?)に、点字ブロックが敷いてありました。
b0199782_2054486.jpg

目が見えなくても触って楽しめる美術品もあるので、こういう配慮はナイス!だと思うのですが、、、よくよく見たら点字ブロックがベンチのすぐ脇迄迫っています。腰掛けると点字ブロッックを踏んでしまうじゃぁないか!ベンチに腰掛けてる人がいれば勿論 つまづく事受け居合いですが、誰も居なくても、これだけ狭まっていれば、杖がぶつかってしまい結局危険なのでは?
この点字ライン、道なりではなく敷いてあるブロックなり と云うべきか、
はっきり言って単なるオブジェ程度にしかなっていません。なんだか気になるがっかりモノです。

外の事はそんな訳で、Yちゃんに会った途端に挨拶もそこそこ、この現状をまくしたてる始末で、相変わらずやかましい私ですが、展示の様子はまったく素晴らしいものでした。(そして大興奮でまた大騒ぎだったら)

b0199782_2132875.jpg

第一発目のセガンティーニ。紙に描いてあるのに、わざわざ下地に木目の様な粗を作っています。
この構図と雰囲気、確かウチの図録のどっかで見たのに似てる。。。と思ったら、
b0199782_216189.jpg

↑と、対の作品なのでした。

今回展示されているのが『淫蕩な女たちへの懲罰』で、享楽に耽って妊娠を拒む女性だそうで、ウチの図録に出ていたのは『悪しき母たち』こっちは堕胎の罪を犯した女性です。
どちらもインドの詩に触発された絵だそうですが、いかにもカトリック教徒?とも思える主題です。

このセガンティーニともう一人、ホードラーというスイスの作家はどちらも象徴主義というヤツで、人間の業とかファムファタールとかを好んで描いたグループに入るらしいです。でもホードラーの女性は現代的写実主義っぽくて、あんまり色気は感じません。むしろ堅実な性格の貞淑な女性というのを理想としている様に思えますヨ。

モネの『睡蓮』最大のものだと云う事でしたが、、、結構 どれもデカいので、本当にコレが最大だっけ?他のもコレ位はなかったかな?などと、疑ってしまいます。
そして日本画好きの私は睡蓮を観るとつい思い出すのが、東山魁夷。「あの人のあの作品は同じ位の大きさでもっと種々も詳細に描かれている」などとつい比べてしまいます。だからってどちらが優れているという事ではないですが、日本画と比べると洋画ってダイナミックな筆致だなぁと、感心してしまうのです。その最たるものがモネで、言わば私の中の巨匠対決なわけで、一人で勝手に2度楽しめる作品です。
出来れば、オランジェリ美術館の様に、睡蓮で一部屋ぐるっと取り巻いて展示して欲しいところですが、、、超売れっ子作品ではそうも行きません。世界各国に点在するのを掻集めるってのも大変。
いや、その内どっかで企画展があるかもしれません。そうしたらコレは最晩年の作品。絵もどこかゆっくりと呼吸を整えつつ黄昏をじっと見つめる様な印象を受けました。

この展示、印象派以降の近代的な画風が多いのですが、気になるムンク、なんでこんなに表情はしっかりと描けるのに他の部分はおざなり!?とか、相変わらずさっくり画法には厳しい意見。
だって下地剤すら塗っていないカンバスがそのまま塗り残されて出てるのって、、、あり得ねーだろ!とYちゃんと二人でやいのやいの。「公募展では絶対落とされるぜ!」「ムンクはむしろ水彩画にしよう」とか勝手言いまくり(笑)

可笑しかったのがジャコメッティで、抽象画は素晴らしく明るい弾けた色彩の作品なのに、彫刻はなんでこんなに陰鬱?と思いきや。この2つの部門の作品は違う人。二人は従兄弟だったのでした。
兄弟でも全然作風違う人達がいるのだから(あ、むしろ当然ですが)全く違う作品で良いのですが、なんだかこの人とこの人が血縁!?だと思うと、二人は制作においてなにかやり取りとかあるのかな?などと想像してしまいます。お互いに影響し合ったりしないものなのかしらン?

その彫刻のジャコメッティ氏の作品に1枚、習作タブローがありますが、このモデルが渡仏中の日本人哲学者・矢内原伊作氏。東洋人が珍しくてモデルを頼んだらしいですが、ジャコメッティ風に日本人を描くのは相当に大変だったと解説にありました。ってさ、名前が伊作、、、イサクって旧約聖書で神の生け贄になりかけた“あのイサクさん”にちなまれてるかなぁ?(だとしたらご両親も勿論キリスト教徒でしょう)と哲学と宗教をどうも切り離せない私はついつい考えてしまいます。

シャガールの絵を観て「宮沢賢治の世界だッ!」と大はしゃぎしたり、ピカソの大きな裸婦という緑色の裸女がゴヤの『裸のマハ』へのオマージュだとか書いてあって「えええ!?」とか大騒ぎ。
今回の観覧、3時間近くかかった様な。。。観終わったのが1時をしっかり過ぎてたので、最早ランチのラッシュは過ぎたでしょうと、ミッドタウンへ行きましたが、、、まだまだ混み混みでした。

地下一階のファストフード。DELHI というお店です。
b0199782_2262435.jpg

b0199782_2272956.jpg

上が野菜カレー"マイルド系"と表記してまいすが、こくがあります。
下は中辛 スープがさらっとしているので、"がんがん行ける系"です。
どちらもランチメニューです。付属のタンドーリチキンがイケてます。
(あ、現地人店員さん、ガンダーラ仏バリのイケメンさんがいました)

あ×3 

ダリの作品、JR南浦和のホームからこんなに大きな看板で出ています。
b0199782_22143067.jpg

だから本作もきっとそれなりの大きさ、、、と思いきや! 35×27!?
マジかよ。。。で、ただ吃驚です。
それにしても、そんなにも小さな作品、こんなに大きく引き延ばしても粗が全然ありません。
どこまで緻密なんだ!!!!!!!と。こういう作風が単純に好きです。私ぁ。
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-09-29 22:22 | 美術館・博物館 等 | Comments(5)

で、本番(ぶっつけ作業)

アイロン掛けたけど、畳んだらしっかり折り目が出てしまった。う〜〜〜んむ

ステンシルでやってみました。
b0199782_1591553.jpg

デカい子がどか〜んと。
型を切ってしまってからシマ柄の方が無難だった事に気付いた!
切り落としたのをくっ付けるのは無理だろ。と、このまま強引に決行。
ま、悪くないんでない?
シマシマはまた別の機会にでも。

こちらは手描き。
b0199782_15132376.jpg

これは駄目だわ、、、1枚描くのにやたらと時間食います。しかも出来にムラがあり過ぎ!ムラは手作りの証明だぁ!と、開き直るにも限界が。。。
手描きにする事自体は厭わないけど、出来がバラバラなのには正直凹みます。
止めじゃ止め。

ウチにあった晒し木綿、全部使ってしまったので、買いに行かねば。
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-09-22 15:30 | Comments(0)

おためしです。

手ぬぐいの柄を"手描き”してみました。
b0199782_14204081.jpg

本当はちゃんと型紙を制作してステンシル方式でやってく筈だったのですが、ご覧の様な細かい柄は「素人じゃキツいわぁ」と、あっさり却下。なんなら手で描いてみようかって事にしてしまいました。

裏に返してみた様子。
b0199782_14224158.jpg

染料がとろ〜〜〜としていて、筆の伸びが悪いです。専用の薄め液があるけど、それは色を薄めるもので、染料が薄まって伸びが良くなるものではない。
かも知れません。買ってこなかったんですねぇ(駄目じゃん) つい筆を水に着けながら描いたら、下手な水墨画みたいになってしまった。
型で作ればきちっとしたライン。言わば切り絵みたいな感じに出来ると思います。あくまで、ちゃんと出来れば
手描きだとぼよぼよですが、ニャンコの毛のほわほわ感を出すにはこれでもいいか?生地だし。
良いかもしれん。。。。いや、ダメかな?などとウグウグ考え中。


下手の考え休むに似たり。見切り発車はいつものパターン。

取り敢えず1枚作ってみようかッ という事になりました(強引!)
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-09-18 14:40 | Comments(0)

ちょこっと二科と、かはく

どうしても"猫共"の様子が心配(だってほら、アルミ鍋が不安定っぽい)ので、昨日様子を伺いに行って来ました。
これで来場4回目ですぜ。今迄で一番足繁く通った。
まぁ 訳ありだったからですが(^ _^:)ヾ
ここでこんな事書くついでに、前回載せてなかった写真を少しUPしときます。

メインは上部なのでしょうか?この一体感が逆に目を惹きます。
b0199782_1426329.jpg

最初の作品とは真逆のイメージ。
でも人間はこんなのと結縁したのかもしれません。
b0199782_1427061.jpg

裏もちゃんと禍々してます。
b0199782_142834100.jpg

毎年同じテーマで描き続けられている作品。水面の蕾が秀逸です。
b0199782_14291129.jpg

オーソドックスな日本の風景。やはり、こういうのもないといけませぬよ。
b0199782_143043100.jpg


猫は無事だったという事で、お当番していた会員さん・会友さんにご挨拶だけして そそくさと上野へ向かいました。この前日は集中豪雨だか何だかで、通る予定の道が冠水していました。本日も雨で「大丈夫かな?」と思ってましたが、行ってみたら普段通りでひとまず安心。

途中、上野の森美術館前です。
まだ開催前でした(やってたら寄り道小僧になってた!)
b0199782_1436292.jpg


科学博物館は夏休み前から『太古の哺乳類展』です。
ずっと行きたかったのですが"夏休み中は子供達に席を譲って、新学期始まったら大人の観覧"などと云って我慢(?)この日でやっと行った次第です。
恐竜が居た頃はネズミよりよっぽど小さい姿で夜、ひっそりと活動を続けていたという哺乳類ですが、恐竜滅亡後、どんどん大きくなっていく様が面白い。絶滅しましたが、日本にも巨大な象が何種類も居たってのが驚きです。

ニッポンサイ。。。日本で、サイ!?
b0199782_1457596.jpg

それどころか、バイソンだって居た様ですよ。
b0199782_14581622.jpg

南樺太で見つかった海獣。イラストより脚が長いじゃぁないですかッ。
b0199782_14491648.jpg

アクティブな3形態。後ろの骨格標本を『般若標本』って呼ぶ様です。
b0199782_14521256.jpg

仰向けに倒れて"展開図"になったらしいのですが、どうして般若と呼ぶのかは、本筋の説明から外れてしまうのか、書いてありませんでした。

高身長でスリム。モテ系なヤベオオツノジカ "やべさん"
b0199782_15113671.jpg

アケボノゾウ。埼玉県の子です。古墳以外にもあったんですね、売り。
b0199782_1535299.jpg

ナウマン象。 メス・子供・オス の順に列んでいます。
b0199782_14585041.jpg

愛称は"ナウマン家族" まんまですが、今回こうした愛称がついている標本がやたらに多い。これも子供達へのアピールでしょう。

ケナガマンモス(手前)とアフリカゾウの"たまお君"(玉動物園の子でした)
b0199782_1545757.jpg


化石の子達は今は皆、絶滅してしまったものですが、第二会場には今後絶滅のおそれアリな展示がありました。
b0199782_1595073.jpg

いずれも日本の固有種です。普通に山に行く方なら遭遇する事もあると思いますが、このままですと、確実にいなくなるよという警告を示しています。

夏休みにぴったりな展示ですが、別に夏休み以外だって充分学習せよ。って事で、館内には中・高校生がワンサカおりました。子供達の感想が一つ一つ可愛らしくて良いBGMでもあります。
日本館、改装してたのは気がつきませんでした。凄く科学ッぽくなってて格好良かったです。(む?以前 観たのに気がつかなかった。。。のか!?)
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-09-12 15:38 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

これは木曜版の続き。

土曜は二科デザイン部の授賞式でしたが、その話題は置いといて、
木曜の写真の続きです。

彫刻部の壁面。今年も東北の子供達が元気いっぱいに描いてくれてました。
b0199782_2030143.jpg


絵画部
イチゴライス。あまり味を想像したくありません(汗)
b0199782_2025584.jpg

工藤静香という作品。
b0199782_2043131.jpg

今回は出ていました。前のより好きだな。落ち着いてて。
前々回、賞を獲ったので納得して辞めてしまったという訳ではなかったんですね。その心意気、賞賛出来ます。

師匠の絵画。天使と女の子が選んでいます。
b0199782_2072211.jpg

顔=生まれてから送る運命 と考えると『どんな親が良いかも同時に選んでる』って事になりますよね。深いぜ。
デザイン部ではユニセフの活動ポスター部門がありましたが、そっちは出してないけどやはり そういうイメージに繋がるものがあります。(パパとママが子供を守る最小単位ですし)

そして技術的に凄い!と感じたのは、写真撮りの際、顔全部にカメラがフレームをつける。つまりカメラは10人全員を人間の顔として認識してる!!!
(私の絵で例えると、カラー作品でも正面向いてても、目が合ってても、焦点になってない事が多いのです。これは「絵だから仕方がない」と思っていたのですが、、、違うぞ!甘いぞ!精進せよ!ってコトだゾ)

こういうまんまデザインな作品もありました。
b0199782_20203453.jpg

従来の認識にある絵画表現だけでは表しきれないと感じたのだと思いますが、こういう融合した様な作品、どんどん増えるとそのうち観る側も『やれ絵画だ。デザインだ』って枠組みも緩くなるのでは。
そういう現象が起こるのを、とっても期待します。日本はその辺、まだまだですから。



で(地味に纏めた所で?)彫刻。

学校の机等の廃材利用。リサイクルは大事です。
b0199782_20321751.jpg

小学校の正面玄関とかに飾りたいですね。デザイン的にもグぅですわ。

疾走するニャンコs
b0199782_20352939.jpg

b0199782_20361281.jpg

b0199782_20364074.jpg


今年は回せません。がっかりダナ、、、
b0199782_20374779.jpg

美女、立ちぬ。うっとり
b0199782_20384648.jpg

闘う男!!
b0199782_20414588.jpg

しましまが面白い感じに"抜けて"ます。
b0199782_2042679.jpg


まだまだ写真撮ったのですが、なんでもホイホイアップしてると容量その他に支障を来しそうなので、適当に切り上げ。

二科は来週の月曜(15日・祝) 迄続きます。
私の能天気な意見は別として、色々な部門が一度に楽しめるお得な展示。お薦めです。
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-09-07 20:53 | 美術館・博物館 等 | Comments(2)

で、二科展の様子。木曜版。

今日、金曜日は雨予報があったので、急遽昨日行ってまいりました。二科展。
平日で、初日でもないって事で、意外と空いてた気がします。
ささっと回ったので、まだ観ていないトコも多いですが、、、

地下鉄直通口から入ってすぐのポスター
b0199782_14382846.jpg

ここの脇階段から上がるのが好きです。外の様子も見られますし。

ふわふわハート
b0199782_1441615.jpg

姫サマをここにフワンと寝転がして撮影したいッとか思ったり♪
気持良さげで触りたい逸品です。

ロゴマークが保護枠の外に迄。。。外側も作品って事です。
b0199782_14431041.jpg

これぞ集団的自衛権の発動!
b0199782_1445338.jpg

まんなかの鼻かっ穿じってる人がなかなか!
b0199782_14451295.jpg

あじって感じ。好きだわ。
b0199782_14464748.jpg

木と金属のハイブリット生命体s
b0199782_14481173.jpg

今年はお皿だった為か、剥離せず無事でした。良かったぁ。
b0199782_145228.jpg

これも無事にありました。ホント、実はハラハラな出来栄えなのです。
b0199782_14532249.jpg

しかし寄りに寄って一番ぶ厚いヤツが入るとは! この後 巡回展に行きますが、それも正直ハラハラです。いつ剥がれて転げやせんかと。。。

D(マルチグラフィック)部門 受賞者はほぼこの一面に集約されてます。
b0199782_14574591.jpg

素材を制作者さんに聴いとかねば!
b0199782_14593013.jpg

私のぶ厚さに匹敵します。この他にもう1枚、同じ厚さのがありました。
b0199782_151011.jpg

箱の中味は、ドールイベント等で見かけるフェイクスウィーツ。正直「このくらい私も作れるのに!」と思う方はいらっしゃると思いますが、実行出来るかどうかが分かれ道。多分 元々が創作系で、スウィーツ作りは後から始めたのではないかと思います。だから もう次はどうやって展開しようかと、考えてそうですね。
それにしても美味しそう。お菓子屋さんに飾りたいっすよね 真ん中のくまちゃんも食べられる系

怖い様な可愛い系。もののけ〜〜〜!!
b0199782_1517516.jpg

ホラ、ブローチにしたい?
b0199782_15185023.jpg

これ、キツネバージョンも是非観たいです。
b0199782_15193648.jpg

師匠の作品。子供の顔が愛らしくて、サイズ変えたらテーマ部門に出品出来ます。
b0199782_15201291.jpg

可愛くて判りやすい。そしてパワフル!
b0199782_15204089.jpg

ココ迄がデザイン。以下 絵画・彫刻と続きますが、
データが多い (というより自分が疲れましたぁ) ので、一旦終了します。
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-09-05 15:26 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

明日から二科展ですよッ!

ってことで告知です。
b0199782_19355192.jpg


一応前日迄 云っちゃ駄目、、、だったかなぁと、内緒にしてましたが、
開催されるのは判ってるんだから、コレは良かったのかな?

まぁ無事に今年も入りました。
大きな声で言うのはナンなので、ちっちゃく書くと

入賞です。

自分でも信じられませんが、特選賞っす。



凄ぇ。。。



どれがよ!?というのは、後日(木曜以降)の日記にUPします。
[PR]
by inui-nuinuido | 2014-09-02 19:45 | 美術館・博物館 等 | Comments(2)