<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ばん!10年振りですv

出光美術館が開館50周年記念です。
『美の祝典』に行って来ました。一回目は"やまと絵の四季"
b0199782_11454558.jpg

四季と云いながら、いきなり伴大納言絵巻の話に持って行きそうな写真。

伴大納言絵巻、実に10年振りの公開です。。。図版持ってるよ?と思ったら、あら10年前に行った際に購入したものでした。勿論発行は出光美術館(この時は開館40周年記念。頑張ってます!)
3回に分けての展示なので、今回は上巻・検非違使の出動から。
いきなり慌ただしくて何か事件が起きてると期待させる、他の絵巻物とはかなり違うオープニング。現代のドラマに通じる感じで、モダン?なのでしょうか。わくわくさせます←野次馬的興味

野次馬は私だけではなく、画中の人々も一斉に画面左へ向います。草履を手に持って走る坊さんやら馬で疾駆するお公家、烏帽子が落ちない様に押さえつつ全力で走る人々。
左に向かうのが絵巻物の特徴で、横文字文化の国では果し得なかった表現。
中国の巻物でも、こういう形式の絵がメインの物は知りませんので、多分 日本独自の表現なのだと思います。時間の経過も同時に表せる合理的な絵画です。凄い!

進むと騒ぎの中心は大内裏の火事。風下で混乱する人・風上で高見の見物を決め込む人を挟んで応天門と楼閣が火炎と黒煙に呑み込まれています。本で描いたら見開きじゃぁ済まない位、火事に画面を割いています。火事の凄さを画家、思う存分描きまくってます。本物見て描いたのかしら?と云う位リアル。この焔[日本絵画における三大火焔表現のひとつ]と呼ばれる傑作なのですね。

そう云えば狂斎も火事のデッサンに夢中になって父親に叱られたとか。芥川の小説にもありましたが、滅多に見られない危険な物程、夢中になってしまう。まぁ画家ってのはそういうモノなのですよ。

別にヤバい人では全然ないのです。何でも描きたいという心だけ(大汗)

大内裏の奥、風上で高見の見物をしてる官人たち
b0199782_1237990.jpg

風下の庶民と好対照です。逃げてる人々も顔つきが千差万別でしたが、こちらもぽーっと口開けてたり、笑ってたりと個性豊か。それにしてもこんな呑気な表情で良いのか!?

この後、物語の主要人物が続々登場しますが『これが実は誰なのか確かには判らない』という人多数。この人 藤原良相? 良房?いやもしや源信? という色んな解釈が出来る怪しい人物が出て来て、権謀術数を巡らすドラマを考えるネタもとい 妄想のヒントにはなりますが、もう考えるのが面倒くさ〜 と云う時は、いっそ無視ですおいおい

すっかり伴に夢中ですが、展示のタイトル"四季"もちゃんと堪能して来ました。なんたって今年、ロクに花見もしておりません。前回ここに来た際は丁度 乾門の開門日だったのですが、出光からはまったく桜の光景は見られませんでした。寒々しかったよなぁ、、、

今回来たらもう桜は終わっていました。がっかりです。前回の写真変わンねぃ!
b0199782_13135142.jpg



仕方がないので展示の屏風桜を堪能 
b0199782_131365.jpg

お隣は紅葉
b0199782_132184.jpg

会場内の少し低くなった屏風展示場(かな?いつも屏風が入ってますンで) に
2つ並んで豪華絢爛。うっとりとココだけで10分近く見惚れてられます。
ゆっくり観られる様に長椅子が設えてあるのも親切。最近こういう "観ながら休める椅子" 各所にも置かれて来ましたが、多分 出光が一番最初なのかしらと思われます。だって初めて来館したとき驚きましたもの(気付かなかっただけ? 若かったから…)

地下鉄乗り場への階段に掛かっています
b0199782_13164785.jpg

蒔絵風で風神雷神というのがいかにも出光。最高ですね v


次の第二回展示はGW過ぎてから。
長谷川等伯とか田能村竹田 出るらしい。
楽しみです。


そうだ!カレー屋さんも忘れずに行かな
[PR]
by inui-nuinuido | 2016-04-28 13:23 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

GWは

埼玉二科展開催です。
b0199782_16494992.jpg

会期は5/3(火)〜5/8(日)
埼玉県立近代美術館です。

GW中、ばっちり仕事です。
お陰で$パ(檸檬児サマ命名)行けないかもしれない。
ドルショは、、、絶対無理だな ぐぐぐ



久しぶりに猫以外のモノ。
b0199782_17134933.jpg

揉み紙にすべきではなかったかも知れぬ。。。くしゃくしゃなのは背景だけで良かったのに(もしくは人物は色を入れるべきだった!)

それなのに
まだ描き込む気満々だ!紙がボロボロだぜヨ
[PR]
by inui-nuinuido | 2016-04-22 17:36 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

話が前後しますが

marché 参加の前に行っておりました。 近代美術館の安田靫彦展。

b0199782_1226982.jpg


、、、雨振ってました。駅前交差点のお巡りさんが合羽でずぶ濡れ。春爛漫とは云えコレはちと寒そう。警チャリで疾走する姿も雨と桜に霞んでいました。
b0199782_12273379.jpg

ってあ"あ"! 警バスと被っちゃった


チラシと以前の展示(世紀の日本画展)の卑弥呼図
b0199782_12314371.jpg

いざ竹橋って書いてある。これは"黄瀬川陣"の源頼朝と義経。左右屏風各6雙に一人の図。背景もテントの紐と敷物だけ。等身大だってこんなに贅沢に画面使って良いのか!?という大胆さ。
これは『象徴的空間』と呼ぶらしいです。
『何物も描かざる処に却って深い意味があり、それが全幅の生命を握って居る場合が多い』と作者談。日本画にはこういう構図が多いのですが、私には我慢出来ないので、なんか描いちゃいそうです。それじゃ駄目ぢゃン!

歴史に名を残す人物や場面を描いたものが多いので、中高の歴史教科書や国語便覧などにも記載されてたりして、「あ、コレはなんか観た事がある」という絵は多いと思います。"飛鳥の里の額田王"とか "王照君"とか有名ドコロ満載。

あ、織田信長も居りました。コレも対に森蘭丸がついてました。'14年の山種美術館で行われた[クールな男とおしゃれな女]展で"出陣の舞"とありましたが、全貌はこんなだったか! 「(山種で展示されなかった)って事はさ、森蘭丸はおしゃれくないって事だよね」と勝手に美術館側の思惑を解釈。まぁ安田靫彦の描く顔立ちですと、誰も彼も一重瞼で「上品ではあるが個性は、、、いっかぁ?」 と思われてしまいます。いや、ちゃんと実物を前にした肖像画はちゃんと似ております (今村紫紅像が石原裕次郎っぽいナ と花粉マスクの下で密かに笑っちゃった私) ので、曰く『手が自然とこういうラインを…』的な線でしょうか。初期の作品はギョロ目氏や、やたらにリアル描写な人物もおります。
『描かれる人物の個性は時代背景をきちんと把握した者ならば判る』なんて云われている様な気がしないでもありません。

! 今知ったのですが、前売りの観覧券に2枚セットというのがあったそうです。
それが[頼朝券・義経券]となっていたらしい。。。知ってたらソレ買っただよ!前期後期で2千円なんてお得だ!一枚券だと前売りでも1200円なんだぞぅ!最近、図録だけでなくチケット代も馬鹿にならない世の中になって来ました。。。むうう
b0199782_13472594.jpg

美術館前の桜。。。そういや 桜餅食べてないやぁ 今年は全く駄目駄目ですな

この後、新宿世界堂迄 marché に向けて最後の買い出しに行った次第です。

地下鉄四谷駅のポスター
b0199782_13505852.jpg

高野山も記念行事ですか。。。あ、来週が千秋楽。
[PR]
by inui-nuinuido | 2016-04-21 14:05 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

お疲れさまです!

初めに お手伝いくださいました きりしゃん、どうも有り難うございます。
いつも一人参加で、ふらふらと遊びに行くのも躊躇われてたので、今回 その点でも凄く助かったですし、何より 『"当店"一番のお洒落さん』が店番して下さって、来場のお客様とお話スムーズにされていたので助かりました。
自分一人じゃいっつもしどろもどろ。そんなんじゃアカンだろ

ご来場頂きました皆サマも、厚くお礼申し上げます。
例によって新作を含め、ぽちぽちと猫達が嫁(?)に行きました。自分で可愛くて作ったので、売れるのは滅茶苦茶嬉しいのに加えて、手元から居なくなるのは ちと寂しい気もしない訳でもありません。
だから負けずに作り続けなアカンやろ!と自分を叱咤。次も粘土と手ぬぐいの予定。



本日 TRCで初の単独開催(?) Animal Marché が行われました。

何十年振りですかね?TRC。久々のモノレール
b0199782_21183946.jpg

こんな改札使ったの初めてです。階段萌えするぜ!(と云う事で、実は別角度からも撮りまくってます) しかし、運賃 高額なのに吃驚です。まぁ 前から高いのは知っていたつもりでしたが、、改めて値段表見て「 これ、往復分!?」かと思っちゃいましたよ orz

TRCに着きましたら、別のイベントの為の一般参加者が既に長蛇の列。
b0199782_21205286.jpg

なんでも今日はここでのイベント、結構被っているらしい。他のトコは、、、ゲーム&アニメ系?"恒例の"ロリ服っぽい方も並んでいるのが見えます。
しかしまだ9時だというのに凄い人。。。こちらMarché の方はと云うと、ディーラー参加者もロクに集まっておりません。設営は9時半、参加者数は100切ってると云う事でのんびりムードなのでしょうか?
b0199782_21304544.jpg

呑気に鬱金桜なぞ見惚れていたりしました。

会場内での設営完了
b0199782_21313284.jpg

いつもの机(90×90)と違い、今回は横長です。いや、机一台 全部使えるなんて重畳です。横広に展開させたので、こちら側からはテーブル上が見易い構成となりました。

b0199782_21422776.jpg

今回、粘土メインではなくアクリル画を正面に持って来たので、以前購入した油絵セットを持ち込んで『描いてますヨ』的な展示に。本当はちょゼではなく藍ちゃん入れたかったですが、やはり展示面積上無理でした。「イーゼルも低いし、この辺が妥当だ」(泣) 他の人形ディーラーの方々、ごく普通に数体持ち込みますが、そう考えると収納上手なのかな?羨ましい!

事前UPしなかった小物共。
b0199782_21495759.jpg

まぁ、前回も出したものを増作したので、特に書く事ないやぁ

恐ろしい事に 台東区では"ニャンフェス"なる猫専門展示会が行われています。厳しい同日開催ですが、こちらは猫以外も有りますので、動物は全般に渡って好きという方も見られて、ある意味健全(敢えて云おう!健全であるッ) と云う事で、いろいろな動物を色々な素材で表現してあって、とても面白かったです。 猫だけってのも猫好きには堪りませんが『他の生物もいる中の猫』というのが良かったな。と思います。そう言う意味で もう少し参加サークル多く欲しかったというのは我が儘でしょうかね?
    ↑
9月に再びの単独 Marché がある様です。。。いよいよI.Dollと決別!?
そうしたら両方出展、、、は厳しいだろッ どーしよーーー



追)そういや、新宿東急ハンズが東急ニャンズになってるとの情報が。。。残念な事に今日が最終日です。全ッ然知らんかったよッ!行く機会なら何度となくあったのにぃぃ!!!(絶叫)
[PR]
by inui-nuinuido | 2016-04-10 22:31 | イベント | Comments(0)

こんなモンも作ってみました

もう今度の日曜ですよ! 忙しいのにこんな事、、、「意味あるのかどうかは
当日判る」と、自分に言いながら作ってみました。実際どうなのかなぁ?

これは元は100均の写真額。
b0199782_21121827.jpg

ペンキでやれ感出してます。後ろに支えを作ってない。後日続きか!?う〜〜〜

これ以下は完全に自作。
b0199782_21142311.jpg

 
b0199782_21164255.jpg


まぁ、こんな感じで1枚残して作ってます(ゴメン 材料がもうない)
あ、F0号のは本格的な絵画サイズなので「市販品があるよね」と、世界堂へ行ってみた。。。のですが、吃驚する程デカい上に重い!そしてそれに見合う値段でした。なのでさっくりと諦めた次第。

額縁は別料金にしとこうかと思っています。
人に見せたら『額縁付きが欲しい』と云われたので作ってみたのですが、
要らない方も中にはいらっしゃるだろうと思うので。

あとはいつもの粘土共と、手ぬぐい(これも新作してる間がなかったです)、
プラバンのチャーム。

こんなトコでしょうか。持って行けるのは。
[PR]
by inui-nuinuido | 2016-04-08 21:31 | イベント | Comments(0)