<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

図録、今はダリの方だけ買いました。

先日29日にダリ展とKIITSU展に行って来ました。む〜〜〜其一と書く方が簡単じゃん。以下そうさせて頂きましょう。

例によって国立新美術館。裏側からの入館です。
b0199782_14335645.jpg
あ!入場口を撮るのを忘れてしまいました。

入り口抜けたらそこそこの混雑振りです。なぜか3〜5歳位の外国の子供達の集団がおりまして、ナニ云ってるんだかちっとも判らないけど可愛かった。あれ位の子供が集まれば姦しくなりそうですが、皆 お行儀が良くって引率の先生も楽しそう(先生の日頃の躾の賜物?)

で、折角ちみっこ達も見学に来ていますが『子供は見ちゃ駄目ゾーン』がありました。ミニ映画の視聴室だったのですが、どうもエロというより暴力的な印象を受けたので私もパス。部屋の表にある映画についての資料だけにしときました。

ダリと云ったら"柔らかい時計"と"卵"モチーフ。今回もそれは入っていましたが、それ程は占めていませんでした。それよりも原子力時代の方が力入ってた気がします。戦火を逃れてアメリカへ行き、そのアメリカが原子爆弾を投下した事が『未曾有の恐れと慄きを与えた』色々と註釈しています。作品も暗い色調に爆撃機の影を入れたりしていますが、やはり抽象的空想 つまり とりとめもない只の妄想 としか云えない様な絵。という感想。恐怖感を煽る悪夢的絵画ならブリューゲルの地獄図の方が余程説得力がある気がしてしまいます。
んむ?これって恐怖を煽る絵って事ではないのかな?あーそうかも知らん。。。

なんだか文句云いですが、ダリの作品は好き。描きたいテーマは被って来ませんが、参考になる画風です。その一例が

テトゥアンの大会戦
b0199782_14341274.jpg
横尾忠則っぽい、、、じゃなくて、横尾の方が影響されていると云った方が正しいですか? 色々なモチーフが組み込まれていて (よく見ると至る所に数字が入ってますが !? ) 構図がいかにもパラレルです。中央の人物、最初コラージュかと思いましたよ。

ガラの晩餐より  統計的蛆虫の艶出しスプートニク
b0199782_14343131.jpg
って、、、全然タイトルの意味が判らんです。合ってるのかなぁこの図録?

これは写真家フィリップ・ハルスマン 死の快楽の中で(ダリと髑髏)
b0199782_14345193.jpg
おっとこりゃ 国芳ではないですか!!
彼らが日本の浮世絵を見たかどうかは書かれていませんでしたが、判る人には判るだろ。ダリは他の作家の作品を描き換える(面白い!)才能があったと云うので、何か面白い変容を遂げた元浮世絵とかあったら是非とも見たい所です。古来の日本の芸術家達はその辺 凄〜〜く寛容なので、彼等もきっと面白がってくれるに違いありません。

ここだけ写真OKです v
b0199782_14350909.jpg
やはりマリリンなのでしょうか?IKKOさんにも見えますが、、、
帰りに見たら長蛇の列! 午前中回りにしておいて良かった。

やっと表玄関。
b0199782_14352161.jpg

サントリー美術館の其一展。こちらも中々の混雑振り。
b0199782_14353608.jpg
琳派の真打!と詠っていますが、あぁまた展示替えが入ってる
しかも5回ッ!? と云う事で、今回観ただけでは全貌は判らん!という悲しい趣向になってました orz なんかなぁ、、、凹みます。この日は期間2に入っていまして、『夏秋渓流図屏風』も『蔬菜群虫図』も観られませんでした。むむぅ
あ、でも俵屋宗達の朝顔が観られました。これは迄の展示なので、ラッキーです。

『藤花図』と『向日葵図』は流石に良かったですが、三十六歌仙はもう要らんよぅなどと思ったり。。。何故か今回何度数えても35人しか見つからないのは嫌々観てる所為!? 向日葵、始めて観ましたが、、、凄い存在感です。西洋画とも現代の日本画とも違う描き方で、細密に描かれています。先程ダリが圧倒的パワーで迫って来るのと逆に、こちらが静かな空間へ吸い込まれそうな雰囲気です。
ちなみに看板作品の『朝顔図屏風』は全期通しての展示。流石にこれは動かせない。圧倒的な重量感で、これが部屋を仕切っていたら、、、と思うとちょっと窒息しそうです。そんなちっこい部屋に建てないってば

こちらの図録もダリに負けないボリューム。そりゃ5回展示替えする位ですから相当な情報量で、厚みはどっちもどっちです。こんな重いもの一度に2冊はなぁぁ、、、と、軟弱な態度で今回はダリのみにしてしまいました。
ま、其一の場合、琳派展関係であちこちに作品載っています。全てを網羅しているとは全く思っておりませんが、当面これで我慢。

其一展も、観覧時間 かなり使っています。観終わったらお腹が空いた気がしなくもないというより、スタバ行きたさ?ので今月で終了の
ゴールデンメイプルフラペチーノを注文しました。
b0199782_14355530.jpg
甘過ぎなかった。旨いぢゃないか!!


ダリ展の図録"裏"
b0199782_14361832.jpg
この人自身が作品だよなぁ、、、としみじみ思いますね。この顔ッ!!

気になってます。今度行きたい。
b0199782_14363296.jpg
このチラシ、見開きでA3サイズですが、これに"ほぼ実物大"と書いてよいのでしょうか?なんか、地下鉄のポスター(B全?)にも書いてありました。
ん?あっちは上半身写真だったかしら?

兎に角気にりまくりです。




[PR]
by inui-nuinuido | 2016-09-30 16:59 | 美術館・博物館 等 | Comments(1)

風邪だかなんだかひいて

先々週の月曜は二科本展の最終日&撤収の日。「これで自分が作業に加わるのは最後だぁ」と、張り切った反動だかなんだか、次の日からダウンです。結局会社も"行っても作業になりません(まともに立っていられない)"状態で、早退する事連続2日。休みも2日取ったのに、次の日も酷い状態。。。夕べ辺りからやっと良くなって来ましたよ〜。
結局なんだったのか、医者に行ったけど謎でした。



b0199782_13281593.jpg
先週の月曜(19日)迄、千葉県立美術館で千葉デザイン展が開催されておりました。最終日 ギリギリで行って来ました。。。

しっかし、千葉は遠いです! その上、電車賃切詰めで行ったので、
やたらぐるぐると回る羽目になりました。
以下、千葉JRをうろうろした記録。。。記憶?

b0199782_13310384.jpg
メトロ1日券で西船橋に着いたらすぐ隣のJRホームへ入場。船橋駅へ行ったらまた乗り換え。なんだか掲示板には乗り様によってはそのまま蘇我迄行くのもある。。。コレに乗るの?と思って乗ったら、、、
、、、え?コレ武蔵野線?(で、コレはコレで良いらしいのですが)

次の南船橋駅で京葉線に乗り換えが必要だと判明。
結局駄目ぢゃン!!!

南船橋駅ホームから見えるIKEA
b0199782_13312563.jpg
よく判らず乗り換えて、確かあっちにあるのはららぽーとだと書いてあった気が、、、IKEAに吸収されちゃった!?と、思ったのですが、後で聞いたらココから5分程のトコに在るそうです。この後乗った京葉線沿い(専ら駅前)には他にも大型量販店がドカドカ建っていて、"こういう店舗は野中の一軒家的に建つものだ"という概念を見事に覆していました。URの高層住宅群もありましたが、その向うにうっすらと海の気配が!!!←海なし県出身な所為か、海で終わる道ってやたらとアドレナる私。

雨降りだし、高潮だったら怖いよなぁ、、、などとついつい考えつつやっと千葉みなと駅。構内。

b0199782_13313971.jpg
駅、両サイドガラス張りです。。。空港かよ!?

出たら出たで、これがロータリーです。
。。。。。なんもない 地図標識もないん?
b0199782_13315102.jpg
凄い向うに電飾ピカピカ。どうも結婚式場の様です。近寄ったら門は施錠されている様子で前のお品書き出す様な看板に『完全予約制です』と書かれています。中から賑やかしい声が。。。
なんだかビックサイトに行く途中に、似た様な建物あったよなぁ、、、と。同じ会社のものでしょうか?縁がないので判らんし、どうでも良いけども


"駅から"迷う事10数分、やっとたどり着きました。千葉県立美術館。
b0199782_13320692.jpg
着いたは良いのですが、
なんと閉館時間10分前という有様でした!
中は凄く良かったのですが、何たって閉館10分前、他を観る暇もなくダッシュで会場へ挨拶に。
組織委員の方々皆『直接搬出に来る筈ない』(ある意味、それは正しいです)と思ってらしたので、大歓迎を受けてしまいました。
第一線のデザイナーの方々に歓迎されて、いや、、、緊張しまくりですヨ (´ ∀ `”)

帰道、雨がしょぼしょぼ降る中を電車待ち。
b0199782_13322049.jpg
むむ!? 武蔵野線で最寄りJR迄、行けなくもないって、コレか!!
疲れてるので、よっぽどこっちに乗ろうかとも思ったのですが、、、
1日パス買ったメトロには地元の往復分も含まれています。実はコレが余程に高くて、こっちを"また"払うのがか〜なり痛い。。。って事で、あくまでケチるんぢゃ!!!と、行きと逆路を辿る事に。

結局 5時に美術館でて、帰宅は7時。ちょっきり2時間掛かる道のりでした。遠ッ

12月開催のNAW。
制作状態は如何に?って事で、途中経過を載っけておきます。
b0199782_13323390.jpg
色々やってたモノで、まだこんな有様。『今回は白猫軍団?』と云わんばかりの状況です。
いやぁそれもカワユイですが、、、やはり柄を入れる予定は変えないでしょう。『シロが欲しいんだ!』というリクエストが入れば別ですが、、、

当日、実はDoll Showがあって、体調崩す前迄は絶対行くぜぃ!と意気込んでおりましたが、、、まぁ当然無理でした。
その仇!ではないですが、某クスで同日に開催されていました『9月の新作ドレス』ちみっちょ共の衣装小物を購入。
b0199782_14360682.jpg
アーガイルのソックス。柄は申し分ないですが、もそっとニット感のある素材で作って欲しかったトコロです。藍のカットソー、着慣れてないのが痛過ぎるゾ orz


[PR]
by inui-nuinuido | 2016-09-23 14:47 | イベント | Comments(0)

昨日は平日だった所為?

ふらふらと六本木の二科展へ行って来ました。
会期2日目な所為か思ったより空いていましたが、もう図録売れていました!アイドル効果でしょうか??

デザイン部 入り口内側から撮ってます。
b0199782_09430236.jpg

何故か動物系の作品が続きます(と言うか、多い。のか)
b0199782_09484082.jpg

とうとう二科賞が出ました! 河馬ちゃんよく観ると凄ッい盛ってる!!
b0199782_09440740.jpg
私は前回の賞作品を知りません。つまり少なくても9年は出ていなかった事になりますか。。。長かった、、、工藤静香が同じ様な事云ってましたが、アレは個人の力量の話ではわはわ、、、

ここも猫で挟んでます
b0199782_09442539.jpg
襖、予想外の位置に来てしまいました。というか、縦は2段組だと云う事を失念していた私のミスです。正直、3段組なら真ん中狙え!などと企んでいたので、把手の位置が下過ぎてしまいましたが、講評では『把手、いらない』という意見も。どぁぁぁ /(≧° ∀ °≦)\


うお!何処迄行ってもデザイン部に見えますが、実は一番小規模ではあるのです。絶賛参加募集中でぃす!
b0199782_09452575.jpg
上賞常連の皆サマが並んでいます。そして来年からは彼らも会友!
b0199782_09461310.jpg
正直私より早くに展参加し、受賞(しかも大きな賞)しまくってると思っていたので、え?やっと?と云う感じです。

デジタル化が進んでも絶対に真似出来(そうにない)工芸的作品。
b0199782_09455378.jpg

勿論 公共目的が高いもの(ポスター等)はデジタル化が増えていますが、
b0199782_09453339.jpg
やはり手技というのは尊重されるべきかと。
b0199782_10251431.jpg

今年はおでんですか♪
b0199782_10280557.jpg

そして今年もやってます!というか、犬まで参加して犬猫100態
b0199782_10412216.jpg
ん?どうせなら101態と云っちゃった方が良かったのでは?←突っ込むな!

1階2階の展示室裏の休憩室を使っています。座りながら(喋りながら!)観られる。
b0199782_10424296.jpg
でも、あまりに可愛くて面白いので 皆さん喋ってる事は作品について。つまり作品に釘付けって事です。
自画自賛的?いいじゃん。会期中ハイテンションで過ごす気ですので

作品が動き続けるので、1枚に纏めてみました。。。余計に判らん!!
b0199782_10410794.jpg
どうやって動いてるのかしら?』『磁石?』などと、ご婦人達が興味津々でした。あとで聞いて置きます。


絵画部の様子をざっくりと。。。
b0199782_10585224.jpg
b0199782_10591811.jpg
絵画部、規模が大きくて全階に跨がって展示されています。日程の都合で一度に全フロア観るという暴挙(あ、いつもの事か)をしまいたが、
それですと後でどんな絵がどこに在ったかというのが判らなくなるのが最大の難点。フロア写真は2つしか撮ってなかったし。ううん失敗だ

個人的にいつも「デザインに来て欲しい」と思うのですが、既に会友さんなのですね。
b0199782_10593266.jpg

こちらは既に会友かと思っていたら、今年の推挙ですって!
b0199782_11014901.jpg

規格は違えど毎年コンセプトは同じ。『これが私だ!』というのがあるのでしょう。私にはありませんが、、、
b0199782_10595359.jpg

何と云うか、、、面白い!(ちょっとオカルト系?)
b0199782_11021263.jpg

いきなり野外彫刻。癒しのおさかなさん達。マンボウかしら?
b0199782_11153917.jpg

今年は二人に増殖!
b0199782_11163597.jpg
この調子で増え続けて、夜地下鉄ホームに設置して、、、などと妄想爆発です!!!

お獅子、等身大と云うのでしょうか?丁度人が跨がれる大きさでした。
b0199782_11161212.jpg

木彫で躍動感をマンガチックに出す!という不思議な作品。苦労が忍ばれます。
b0199782_11155425.jpg
そしてコレをお隣に設置するのって、、、嫌がらせ?
b0199782_11170917.jpg
フワフワと動く団扇、夏の宵 蛍などが飛んでる図が目に浮かびます v

打って変わって静寂が支配している作品。
b0199782_11165423.jpg

※コレは一部分です。全体像を撮れませんでした orz
b0199782_11151995.jpg
大きい上に、凄いぐにゃぐにゃしていて、合板なのですが、半分作ったとこで反対側を接着してとか、制作過程が凄く気になります。

二人のおじいちゃんが『凄い力でねじ曲げたのか』などと話しかけて来て、そういうざっかけない雰囲気を作ってる展示、他にはちょっとないかも知れません。


明日 3日は受付おばさんとして会場におります。
いつもよりは"少しだけ"マシな格好で。



















[PR]
by inui-nuinuido | 2016-09-02 11:39 | 美術館・博物館 等 | Comments(2)