<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先週の話ですが

上野の都美館・とーはくへ行って来ました。
b0199782_12321204.jpg
"みやげ"の写真。
猫はやっと昨日彩色したハチ割れ君。これでほぼ全部出来上がりです。

上野公園入り口の様子。朝っぱらからこの混雑振り。
b0199782_12314361.jpg

小さな人達も川の流れの如くどんどこと進みます。
b0199782_12424420.jpg

彼等は当然ですが左に折れました。
それにしてもこの字、デザイナーか書道家の手によるものか。イカしてます。
b0199782_12443812.jpg

私の進行方向は→です。
b0199782_13142064.jpg
特にゴッホは好きな作家なので今回どっかんと大量展示は嬉しい限りです。デトロイト展の方では自画像と風景それぞれ1枚しかなかったので、ちょっと寂しかった。。。ゴーギャンも同様で、あれだけかよぅ!と叫びたいくらいでした。
今回は満足いく量と質 v やっぱ小出しは良くないな。うぬ

図録購入を決めさせたうちの1枚。
b0199782_13151586.jpg
、、、でもでも空の色!本当はもっと緑青っぽい色、の筈ですが!?
印刷では微妙な色彩が飛んでしまっていて残念です。

『ゴッホは日本を憧れの地として云々』との説明を読んだ後、なんだか配色が浮世絵してる様に見えて仕方ありませんでした。おまけにゴーギャンの赤茶色まで岩絵の具の代赭に見える、、、流石にソレは違うと思いますが、そうみえると取っ付き難かった画風も途端に親近感が湧いて来る。面白いものです。
どうでも良い事ですが、チラシにも載っている『タヒチの3人』、松山ケンイチに似てると思ってるのは私だけ?

絵に描かれていた椅子2脚。
b0199782_13415605.jpg

出る場所を間違えて公園のど真ん前へ。
先々週に設置していたテント会場はこんな催しだったのか!
b0199782_13441031.jpg

公園の周囲も藝祭のおみこしを展示していました。

花札から始まって
b0199782_13444011.jpg

何故か玉手箱から逃げ出した?亀
b0199782_13445957.jpg

カニは慌てている様です。タイトルは『覆水盆に帰らず』?
b0199782_13451277.jpg

↓ポージングが似ている。そういうテーマなの?
b0199782_13453374.jpg

あ、猿繋がりだ。
これは 桃の下僕其の壱。其の弐と其の参もちゃんと同乗しています。
b0199782_13455396.jpg
b0199782_13581397.jpg
b0199782_13583644.jpg
角度によって全く見えない様に作っているのでしょうか?凄い計算力です。

うろうろと回り道した挙げ句、やっと とーはく到着。
b0199782_13460850.jpg

平成の秘仏展。1室のみの展示ですが、濃い内容で観覧者の密度も高かったです。十一面観音サマ、やはり直接観ると奥行きが在る分、ポスターより大きく感じられます。本来お寺では出来ない背面の観覧が出来るのも展示会の良さでしょうか。









[PR]
by inui-nuinuido | 2016-10-28 14:19 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

猫2匹

追加で出来ました。座り猫2匹です。
b0199782_15374462.jpg
三毛さんと茶トラ。
実はもう1匹作り中ですが、全然毛色が決まらないあ"あ"あ"
b0199782_15375588.jpg
まぁ、もう少し手直ししたい気満々、、、
つーか 自分の不器用さ(視力がない所為?)に呆れる

先の寝猫3匹にも鈴を着けました。
b0199782_15372715.jpg
暴れん坊の2匹は後ろ頭が床にぶつかる等の関係で首輪が後ろ迄回っていません。
そういうの、気になる方は直接現場で確認してみて下さいませ。

現場と云えば、もうDMと設営時の注意要項が届きました。
なんかね、配慮が凄いんです。
例えば 地震対策しろ!とか、考えれば当然ではありますが、万が一の事とか迄考えて設定してるのが流石です。他で云われた事ないですよマジで。
それにしても[新作紹介]とか[目玉商品]とか、看板それぞれ送って下さったのは良いですが、こんなの一つ一つ立ててたら肝心の作品置くスペースが取られるwwという心配もあったりなかったり
出来れば目一杯並べたい心満載なのですよぅ そこどうにかせんとイカンです。

で、よく見たら(見たケド)会場番号書いてない様です。
出展者さえ当日にならないと判らないって事!?

それは謎。です。





[PR]
by inui-nuinuido | 2016-10-24 16:10 | 粘土 | Comments(0)

出展用猫3匹

12月4日開催の『ネイチャー・アニマル・ワンダーランド(NAW)』出品用の
粘土猫3匹、寝てるタイプがようやく完成間近です。完成した!と書けないトコが痛いス。。。
b0199782_13172512.jpg


今回初の"男の子"決定猫。豪快な寝姿がいかにもオス(?)
b0199782_13180338.jpg

寝起きの悪そうな子、、、
b0199782_13183599.jpg

おとなしそうなシロちゃん。白猫には青目だよ!と勝手に決定。
この後レジンで瞳をコーティングします。
b0199782_13184487.jpg


ところで今回この3匹、首がやや太めに出来てしまい、従来の首輪が入りませんでした。首輪付ける為に少し削るか うぅ文字通り弱点だ 首輪を違う素材にするか考え中。違えるとしたらベルベットのリボン。とか?

いつもの座り猫は現在彩色中。


[PR]
by inui-nuinuido | 2016-10-17 13:58 | 粘土 | Comments(0)

初日だったので

張り切って行ってみました。上野の森のデトロイト美術館展。
b0199782_11423778.jpg
プレスの撮影が入ってます。。。ってさ、そういうのって前日に撮ってあるんじゃぁないのかな?とも思ったのですが (初日から大盛況です!という宣伝の為だったのかしらン?)
開催チラシには『写真撮影OK!』と書かれていたので、カメラ持って来た方も多く見受けられたのですが、会場入ってすぐ『本日は撮影禁止です』という看板があちこちに。。。プレスの方々に配慮?と思ったら、なんと撮影許可日は月・火曜だそうです。皆サマお気をつけを

作品数は52点と、少々小振りな展示、逆に"好きな作品を穴の開く程観てやれ!"という意気込みになります。モネ、ゴーギャン、ルドン、ドガ等それぞれ1点ずつしか来ていないので、3度観しました。
「む?ココシュカの作品ってこんなだったけ?」※この人は2点ありましたが、画風がちょっと違う感じとか、他に比べる作品が少ないのがちょっと難点かも。

20世紀絵画は結構揃っておりましたが、、、抽象って正直判らない orz
かなり昔 美術の先生が『抽象画は数学が得意な人が描ける絵だ』と云ったモンだから、数字にめっぽう弱い私はソコで既に投げました。どうしても「観て気持良いかどうか」という基準でしか判断出来ないので、パッと見 色が綺麗だとか、そんなレベルで好悪を決めてしまっています。マチスは色が可愛くて好きの部に入りますね。
あ、でも真っ赤は勘弁して頂きたい。ちっこい複製画、部屋に飾ると重いんだコレが、、、
今回赤で好きなのといったらルドン『心に浮かぶ蝶』 背景のムラが特に好きって何処押しだよ?

b0199782_11425606.jpg
観覧後の会場外。お客さん、別に並んでおりませんでした。

出て来たところで10時半過ぎ。勿論このまま帰ったりしません。
藝大美術館へ直行です。

公園内、土日祝日イベントに向けて会場作りの最中。
b0199782_11513730.jpg

とーはく前。持ち合わせがあったら行きたかった仏サマ展。
b0199782_11512670.jpg

藝大美術館は『驚きの明治工藝』展
b0199782_11432208.jpg
自在置き物、七宝、木彫等、明治時代の名品の展示。実は今日これが観たかったメインなのでした。
こちらは写真撮影全日OKの様です。多分そうじゃぁないかと思ってたけど、やはりな。ふっふ v
ちゃんと図録も在りますが、図録に載っていない"自分の拘りの部分・角度"を記録しておきたい思うので、変な角度で写ってるモノもあります。 この龍とかね。

自在烏。翼がきっと羽ばたくのでしょう。
b0199782_11435466.jpg

自在鯱。愛嬌たっぷり個性的な顔立ちです。
b0199782_11443168.jpg

本物そっくりな蝉。羽は水牛の角、足は銀製。今なら禁制でしょうか?
b0199782_11451798.jpg

実物大の雀。瓦ごと作ってるのがまた凄いです。
b0199782_11453185.jpg

南米の干し生首大の髑髏。
b0199782_11454603.jpg

1/3サイズの蒔絵箱。欲しいですッ
b0199782_11461647.jpg

このまま掛け軸の絵の様な蛙。
b0199782_11460307.jpg

バックも色っぽい狸。実は底面もきちんと作られています、流石だ!!!
b0199782_11475052.jpg

木の部分に空洞があると云う事で、口から煙を吐ける山姥。蚊遣り豚さんみたいだ
b0199782_11464702.jpg

胸部のぼさぼさはけば毛羽立ちを表してる?鷺です。
b0199782_11470261.jpg

ハサミの部分も作り込み。"子供が真剣に持ち上げようとする"景色が思い浮かびます。
b0199782_11480952.jpg

お尻のデフォルメが可愛いアヒル。デフォルメの様でリアル?
b0199782_11485407.jpg

竹の部分も木で出来ています。ここまでやるか!?
b0199782_11501792.jpg

ブローチにしたい蝸牛。竹は竹製ですが、蝸牛は陶です。
b0199782_11500053.jpg
イチイチ取り上げてたら切りがない程、凄いモノ山程ありました。立体は360度で楽しめるとこが良いです。
逆を言えば、全方向で気が抜けない、、、制作側は。





b0199782_11531453.jpg
と云いながら気が抜けまくってる 抜いてません抜いてません!!! 猫 途中。









[PR]
by inui-nuinuido | 2016-10-10 13:17 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

まだ途中ですが

むむむアップが厳しい。。。
b0199782_19284002.jpg
b0199782_19283174.jpg


床にゴロゴロしている猫共にやっと色が入って来ました。
兎に角一番に彩色したかった子は、やんちゃな茶トラのイメージです。

まだまだ詰めには至っておりませんが「取り敢えず仕事してまぁす」的な載せ方、、、

こうして写真に撮って(しかもアップさせる)と、粗がよぉ判ります。
お腹の辺りをもっとちまちまさせたい気満々。



他の子はまた後ほど。まだ毛色も決まっておりません。






[PR]
by inui-nuinuido | 2016-10-04 19:36 | 粘土 | Comments(0)