タグ:パステル ( 22 ) タグの人気記事

展示終了しました。ってトコで反省。

『線と展』日曜日で終了しました。
ご来場下さいました皆サマ、寒い中有り難うございます(しかもこの天気!)

b0199782_15275345.jpg

搬出後、イトシアへ寄り道。今迄入った事のなかった『ドナ』で注文した
焼きトマト丸ごと バジルソースのスパゲティ(お品書きは違う名前だったかも) パスタの量はSですが、トマトはLでした。混ぜると迫力の色合になってボーンズに出て来そう面白いです。 他の具は、グリーンアスパラとなんと長ネギ!コレって WHoo! に入るのではないかと 。。。(でも和風は和風でちゃんとある)

載せていなかった画廊一部。。。って、この日も殆ど撮れませんでした。
b0199782_15305753.jpg


1階はダダ寒い上に、お当番で座っていられるスペースがほぼない状態もあって、画廊の受付バイトの人も展示当事者も皆2階に引きこもってると云う、ちょっと変わった会場でした。
来て頂いた方々、一見無人でしかも四畳半のっぺらぼうみたいなトコでさぞや驚いた事と思います。私も搬入に行って驚きました。

銀座で、バイトの受付(?)付きでの会場なんて、初めての事です。
2月は「花粉が酷いので私は当番に行かないぞッ」と常々断言しているのですが、
『バイトさんが居るから、当番に行かなくていいんだよ』と云われての参加。

なんの事はない、ちゃんとお当番ありました(誰も行けない場合でも大丈夫って意味か)

それはそうと、“バイトと云う仕事の人”が居るから自分は来場してるけど、なんにもしなくて良いかって云えば、そんな事はないと思います。
あくまで主体は自分たちなのだから、たとえ自分の知人でなくとも来場者にはちゃんと対応しましょう。などと、行きもせんのに、考えたりした私。

会場の作品、画廊側からの提示で値段を付けている訳ですが、もしもどれか気に入った方が居ても、会場担当者らしき人達が知らん顔していたら、声かけ難いじゃぁないですか。

置いてあって勝手に売れていくシロモノなのかどうかは判りませんが、売るつもりなら軽い接客、というか、お客様が気まずくない程度の雰囲気は必要かと。。。(変に自分の作品をアピールしまくる人にもドン引きしますが)
私はそういう“接客”には自信がないのもあって花粉症コレ幸いと、行かない!という選択肢をとってみたケド。。。う〜〜ん、消極的。でも来場者無視して喋りつづけるのは難しいゾ。

たまたま私の場合、自分を知っていて下さる方がご購入して下さったのですが、知らない人では、気に入って頂いても、声をかけ難かったのではないかと反省するトコロです。

良い作品いっぱいあったし、値段も他の画廊の作品と比べたら安い方でしたが、それでも全体でアレしか売れなかったのは、そんな事も理由だろうかとか考えちゃった次第です。
(値段は一応つけたけど、売れるなんて想定外って思ってる事もあり、、、得る?)
[PR]
by inui-nuinuido | 2013-02-18 15:38 | 美術館・博物館 等 | Comments(2)

銀座ギャラリーあづまにて『線と展』開催

始まりました。2/17(日)までです。

あづま通りの名の由来になった東稲荷さん。小作りで可愛いです。
b0199782_20103518.jpg

銀座ギャラリーあづま外観。お稲荷さんと同じ並びにあります。
b0199782_20124263.jpg

画廊1階正面の様子。
b0199782_20132868.jpg

右を向くとこんな。右端に私のにゃんこ共がおります。外からも見えます。
b0199782_20141291.jpg

2階正面。。。しまった、2階部分全部撮れてないやぁ
b0199782_20152911.jpg

2階の奥から。階段を上がってすぐの壁と、左は「正面」のお向かい。
b0199782_20163338.jpg

ホントは作品をぐるっと全部撮ろうと思っていたのですが、喋くってたので"抜け"がでてしまいました。次に来場した際には残りを撮影したい。
ってどっちにしたって大した写真ではないですが

この会に参加されている作家さん、皆 二科に出展しています。会員さんや会友さんといった、会上部の人や、賞獲った人等、皆私より上格です。よって逆に気が楽。だって作品には全て値段がついているのです。「売れなくても私、下っ端だも〜ん」と言い逃れする気満々ですヨ。

そして帰りにあづま通りを新橋へ向けてトコトコ歩いていったら、、、
b0199782_20231816.jpg

デカいフカヒレがぁ!!!! 確かジンベイザメの尾ひれだと説明が。
ここのランチ、¥3,300から、、、ランチの値段が!?
。。。。。。敷居が高過ぎます。遠巻き。

遠巻き其の弐 ジョジョグッチ!!!
b0199782_20282260.jpg

いや、通りの向うから撮影したので、、、でも、全体を撮るならそうした方が良いかも?
b0199782_2029237.jpg

ホラ、写メってる皆さんも大変そうでしょ?
[PR]
by inui-nuinuido | 2013-02-12 20:36 | 美術館・博物館 等 | Comments(0)

月がとっても丸いから

って、月かコレが??写真写りも非常に悪し。
それにしても猫絵ばかりで、これで『揉紙』ってカテゴリはどうよ!?
ちゃんと『猫』っての作った方が良いかなぁ?などと言いながら、このまま進めちゃう私。

b0199782_20142785.jpg

b0199782_20145535.jpg

あまり「逆光なのに猫目の具合が、、、」とか突っ込んではイケませんよ。

こうして画像で見直すと、いろいろ改善点が見つかるので重宝です。
もう少し描き込めそうだな、よしよし。。。



とか言いながら、搬入は今度の日曜日。ちゃんと額装出来るのか!?
未だ額の大きさ決まってない始末。
そしてプロフィールなるものも作らなアカンのでした。


ああああああ面倒臭ぁぁ 書ける事なんか殆どありませんよぅ




そういえば今日、きいた事ない美術雑誌の掲載依頼が来まして、、、
なんでも2001年に発行されたイラストレーター名鑑からチョイスしたとか。
。。。それって、随分古いですが?
他の新しい刊の人達に振られまくってココ迄遡ったのだろうか?
などと考えてしまいました。

電話で一方的に説明されたって、知らないモノは判らないので、取り敢えず資料を送って頂く事に。載せるかどうかはその後考える事にしましたが、これから一応その雑誌をチェックしてみます。
それにしても「掲載料の半金を2/10迄に払え」って、随分急じゃね!?

などと、結構怪しんでいる、乾 縫@センセイ呼ばわりされる覚えなし です。
[PR]
by inui-nuinuido | 2013-02-04 20:41 | 揉紙 | Comments(2)

猫画をパステル描法

ぬぬぬ文字面が似てる!ッて事でこんなタイトルに

b0199782_10573528.jpg

ここのトコちょこまかとアップしてますが、特に暇な訳ではありません。。。ホントです。

来たる2/11 銀座でグループ展を開催します。。。グループと云っても"仲良し同士で"とかそんな事ではなく、本当のトコ「なんで私が選ばれた!?締め切り落とした事ないから?そら買いかぶりでぃす!」なんて脳内に黒雲が湧きまくる様な人選。だって他の出品者は二科の大御所サマ達です。

会員サマ 会友サマに続き、受賞歴のある人、連年入選者、です。
言わば一番下っ端ぢゃん、儂。そうとう気張らないとイケない???
なんて言いながら、では手堅く可愛く描きたいモノを、、、完全受け狙いだね、コレ。

ちょっと猫背すぎ?

どうも自分で動物を飼った経験ゼロの上、あまり触る機会もないので、図鑑や博物館でしか骨格を調べた事がないという状況。やっぱ子供の頃に動物に触れて育たないとイケないよね〜。

いつもの事ながら付け焼き刃な乾縫。
[PR]
by inui-nuinuido | 2013-01-11 11:24 | 揉紙 | Comments(0)

好きな割には

なんとなくサクッと描けた、様な気がしないでもない
水滸伝 其の四"林冲(りんちゅう)”
b0199782_16175410.jpg

有名、というか、私の一番好きな『林教頭 風雪に山神廟へ』の回です。
豹子頭の林冲、って渾名の程ですから、小顔の美男子でないとイカン!と勢い込んだものの、いかんせん美男子ってのは描き難いもので、なかなか全面的好男子とはいきません。
自分で描いてて「うが!なんぢゃこれぁ!?」という箇所があるのですが、、
云わない事にします。云うと直したくなる。そしてソレは中々直せないトコなのです! コレ出来たら、きっと他の全ての作品も困惑しないですむのですが(そうは問屋が卸さない)

しかし肉眼で見るとおかしくなかったりするのですね。
「いや、もしかすると、パソに取り込んだ時のゆがみかも、、、」などと、生原稿の方をこっそり確認。そういや、生原の方がちょっと丸顔な気がしなくもないです。

兎も角、何でも一発で上がらない質なので、コレの前に描いた奴らも加筆しました。
九紋竜 史進
b0199782_16393030.jpg

行者 武松
b0199782_16404789.jpg

一丈青 扈三娘
b0199782_16413470.jpg


時間があったら、調子に乗ってまだまだ描けそうですが、搬入は来週の月曜。会期は火曜からですので、いい加減 額装する事も考えないといけません。
しかし、今回の展示タイトル『新 時代絵巻』でしたが、コレの何処が絵巻?と、自分でもはてなマーク付いてます。前回の『時代絵巻』の時は、古事記をテーマとし、作品B2サイズは連環画風にしてなんとなく巻物イメージだったのですが(註:他の人は特にそんな描き方はしてません)、
今回の展示はなんだか普通の絵っぽくて、自分としては絵にもう一工夫欲しかったところです。

まぁソレもコレも、私がもっと早くから着手しとけば余裕だったって話です。
いや、テーマ決めるのに、2月の中頃迄掛かってたからイケないのです。
(最初 趙雲子龍が描きたい!などと云ってた癖に、結局こうなってしまった)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-23 17:00 | 聊斎志異・中国 | Comments(0)

顔が、顔が、、、!!

髪の所為なのですが、何と云うか、、、云えません、自分では。
水滸伝 其の三 の"扈三娘 (こさんじょう)"
b0199782_1757845.jpg

"日月二振りの剣"ってどんな?
本当は二対なんだから“双方がよく似てる”と捉えた方が正しいのでしょうが、あれこれやっているうちに何故か、こうなりました。
後でもっと違う形になると思います。。。いい加減だなぁ。

何度も思いますが、パソに入れると肉眼では感じなかった直し部分が見つかります。 つまりまだちょっと修正が必要。しかし取り敢えず出来たッつー事にしませう。

これを描いてつくづく感じたのは『細かい部分と凸凹の多い構図はアクリルの方が向いてる』って事でしょうか。回り込みとかちょっとした距離感がパステルだと出し難い。失敗したなとつくづく反省。
しかし私の場合、アクリルは最初に背景ありきなので、背景色がちゃんと決まらないと次へ進めません。今回は展示迄の時間制約があったので、パパッと描ける(ご、、、語弊が!!)パステルで行っちゃう事にして、結果こんなです。まったくもぉ

それは兎も角、「パパッと描ける」を重要視した以上、なんとしてもあと1枚は描きたいですよ。



来週は搬入だよ!

結局和物は描かず終わるのか、とほほ
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-19 18:12 | 聊斎志異・中国 | Comments(0)

あちゃぁ

で、水滸伝 其の弐 な"武松(ぶしょう)"
b0199782_12245785.jpg

『景陽岡に 武松 虎を打つ』です。
(けいようこうに ぶしょう とらをうつ)
あまりに有名過ぎてマンネリ!とも思いましたが、武松と云えばやっぱりコレだよ!!と云う事で描いてしまった。

う?? 脳内構図と、なんか、ちょと違う。レイアウトと云うか、空間感が。
本では季節は10月(旧暦です。つまり気候は11月頃)夜の山中。って事は、真っ暗じゃん!
本当は月明かりくらい入れたいけれど、画面の大きさ上 無理でした。
サイズB4ってのが間違ってるよ! 今度デカイので"描き直し"ます。
本気ですよ。
                    ↑
   これを二科埼玉に出しちまえ!なんて考えている現状況。酷いなぁ。

それにしても、この前に描いた『九紋竜 史進』の構図とあまりにも違います。並べて観たくない程に。。。仕方がないので(!?)もう1枚、人物の大きさが構図に見合ものを。本当は早いトコ"一丈青 扈三娘"描きたいけれど、そんな我儘も云ってられない状況。
、、、て? 自分で好きで描いてるのに、我が儘通せないって変だわ!

兎に角、展示迄あと幾らも描ける時間がありません。ちまちまと埋めて行く次第です。

そういえば、前回「今週中」って書いたけど、私の中で一週間は月曜から日曜迄。なのに、カレンダーは日曜始まりでした。
うぐぐ!週がズレ込んでしまったではないか! ええいッキリスト教の1週間だって、7日目がお休み。つまり7日目は日曜日なのでは?と、文句云いの
乾縫。
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-11 12:53 | 聊斎志異・中国 | Comments(0)

描いてりゃ良かった

3月に開催予定のギャラリー展示作品その壱。

b0199782_11131839.jpg

水滸伝の "九紋竜 史進(くもんりゅう ししん)"です。
DM用に使うので、早めに仕上げました(自分では猛ダッシュ)
竜の彫り物が胸・肩・背中に全部で九つって事ですが、多分その殆どは
背中側から見えるであろう→背面描かなきゃらしくない。
という次第でこうなりました。

うぬ。もうちょっと“踏ん張ってる”感が欲しいな。。。
腰から下は描き直しだ! うぐぐ

男の次は女の子も描きたい!訳で、後は扈三娘と孫二娘。
(宋江に刺殺される閻婆惜って図は、、、グロテスクで没 )


でも今日は"防人"が描きたい。。。
データ入稿が上手く行ってれば今日は違う作業(次の制作)が出来る筈なのですが、失敗してたらまたパソと格闘です。
(いっそ銀座へ直接生原持ってくって覚悟アリ)デザイナー様スミマセヌ。
                        ↑
           最初から上手く行かないと踏んでる。弱気!

銀座と云えば、『韓流の本』書店に出ていました。
この前行った際にはなかった専門棚にどっさり。同じB5判で、同様にドラマ写真の転用表紙ってのが他にも2冊も!客観的にみたらどれ買おうか選択に困ります。そうなると、これは中の華やかさが勝負でしょうか。
(この時はなんだか手に取れませんでしたが、やはり自分の眼で比べて勉強が必要)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-03-01 11:52 | 聊斎志異・中国 | Comments(6)

本はこういうものでした。

年末に描いた"韓流 時代モノ”の本がとうとう出版される様です(いつ出るのか実は聞いてません!)
私を含め6名のイラスト担当者がおりました。
b0199782_1948123.jpg

私の絵はこんなです。
b0199782_19494633.jpg

b0199782_19503294.jpg

始めパソでデータ入稿でトチってしまったので、どうなる事かと心配しましたが(他の方々に比べて画像ガタガタ!!!とか)、ほぼ描いた通りの出来栄えに映り込んでいます。デザイナーさんに拍手です。黒ばっかの画面も、別に潰れずに済みました。こっちは印刷屋さんのお手柄でしょうか。

で、3月に出版記念を兼ねて(?)アジア系の時代物イラスト展示を銀座Batok Gallery で行う。
という企画も出ています(こっちもまだ未定)

なんだ、全然判ってないじゃん!! ですが、
取り敢えず『本は出るよ』って事だけ、お知らせ。。。

展示企画が本格化したら、もう出せるストックがあまりありませんので、今からガシガシ描かないとイケなくなりました。いつも展示を観に来て下さる方に、新作を是非是非お出ししたい!とは思っております。
って事で、こっちは出来上がったら順次載せたい予定です。



なんかないと動かないのか、私wwww!!!?(寒さと花粉にダメージ L)
[PR]
by inui-nuinuido | 2012-02-15 20:01 | 韓流(!?) | Comments(0)

直しましたよん

黄色いスカート、やっぱりゴーギャンチックな配色になってしまいました。
(つまり私のゴーギャンのイメージですので、ご容赦下さいませ)

b0199782_183402.jpg


ここで『グラスはどうすんの?ラッパ飲み?』というご意見が。
うん、、、最初の下図は反対側の手でお腹にグラスを載せていたのですが、
瓶と重なるので却下。
そしてそのまま忘却の彼方に行っちゃってました。

瓶が緑だから赤と重ねても良かったけど、それはまた考えます。
(ともすると、忘れがち)
[PR]
by inui-nuinuido | 2011-10-11 18:11 | コミック | Comments(2)